梅雨を迎える季節

まだ寒い2月ころ(まだ冬でしたね)から、この騒ぎが始まり、お花見のシーズンは文字通り戦々恐々。今はさわやかな日もあり、そろそろ南のほうから梅雨入りのニュース。

 

季節は確実に移ろっていますが、その移ろいを感じて語り合う前に、昨日の感染者数が話題になり、その対策に頭がめぐらされています。今まさに「新コロナの時代(あるいは時期)」と呼ばれることになる時期の真っ最中に僕らはいるわけです。地域によっては異なる感覚かもしれませんが…。

 

我が家の玄関の一坪にも満たないくらいで庭とも呼べないスペースですが、はっきりと季節を目に見えるものにしてくれます。「よし、今日も一日…!」と元気にしてくれます。

 

DSC09795.JPG

 

おなじみのドクダミ。「朝まだき ましろき十字 なにおもう」・・・オソマツ

 

DSC09792.JPG

 

この八重のドクダミは前に住んでいたの家の庭から鉢に入れて持ってきたもの。これで3度目の開花かな。

 

DSC09797.JPG

 

このあじさいは、たしか数年前の母の日に、カミさんが娘たちからもらった鉢植え。

 

DSC09796.JPG

 

DSC09794.JPG

 

確実に季節は廻っている。

 

DSC09798.JPG

 

 

 

 

 

カテゴリ:- | 09:57 | - | - | -
山本太郎、センスあるな〜

IMG_20200523_103811[1].jpg

 

IMG_20200523_103833[2].jpg

 

このポスター(標語)わかり易いでしょう!

 

今どうすればいいのか?

この人(山本太郎さん)は、よく今の世の中が見えていると僕は思いました。「アベノマスク」とは全く次元が異なる発想です。

 

余計なことですが、これを機に「アメリカからの独立」を皆でめざしてみませんか?このままでは、永遠にアメリカの敗戦国を続けないといけないということを、少しでもいいから、若い人たちに伝えていきましょう!

 

最初「れいわ新選組」という党名に、僕は一瞬、戸惑いました。が、ここに込められた意味を僕はすぐに理解しました。

 

例えば、自民党の候補者が選挙車の上で「今この令和の時代に・・・」と演説をはじめると、「れいわ(党)」の味方は喜ぶ。またこの「新選組」こそが、徳川組、つまり薩長にやられた組織です。長州のずる賢い岸一族と対峙するという意気込みが読み取れる党名なのです。

 

会津の皆様とともに、(遅まきながら)そろそろ「安倍はずし」にかかりましょう!

 

 

カテゴリ:- | 20:51 | - | - | -
アウト・ドア・ライフ

昨日の東京の新たな感染者(というより、感染が確認された人)が二人と発表され、ホッとしている方が多いと思いますが、まだ先が見えているわけではないようです。

 

昨日もゴールデンウィークの時と同様、近所散歩。我が家から歩いて10分ほどに2カ所の自然公園があり、その日の気分で適宜選択していたが、昨日は2公園を制覇。本当は雨の予報だったので、今年の誕生祝としてカミさんにもらった山のレインウェアを試す予定だったが、そこそこの天気。

 

1.JPG

 

かしのき山自然公園。この公園の中を鎌倉古道が通っている。周りは住宅街だが、公園の中央部に踏み入れば深山の趣だ。

 

1-1.jpg

 

この公園から歩いて15分くらいで「成瀬山ふるさとの森」がある。

 

3.jpg

 

白い蝶(モンシロチョウ?)が乱舞していたのだが、スマホで撮ったのでうまく写っていない。

 

2.jpg

 

この二つの公園の間は住宅街だが、こんな表示も。

 

4.jpg

 

まさしく、この時期らしい表示だ。まだ我が家には届いていない。もちろん不要(不急)だが…。

 

途中休憩も入れ、2時間近く歩いて約1万歩。10分で約1000歩。

 

5.JPG

 

テラスも緑と花。外食と称して気持ちよく🍺昼食。

 

6.JPG

 

 

 

カテゴリ:- | 10:50 | - | - | -
ブラックジョーク

この広告が朝日新聞に掲載されたのは、2007329日のことである。

 

2007.3.29.jpg

 

甘利さんが「私が・・・」と胸を張っています。この広告にも我々の税金が使われているのでしょう。

 

それから4年たたない2011311日に、あの惨事が起きています。東日本大震災、そして福島第一原子力発電所のメルトダウン。

 

そして今、法律の自由な(勝手気ままなor都合のいい)な会釈が、まかり通ろうとしています。

 

こういうのをブラックジョークというのでしょう? そんなのは41日だけにしてほしい。まさしく沈みゆくニッポンです。

 

暗い気持ちになったので、すこし「年寄りの自虐ネタ」で笑ってみたい。ネットで散見するものから適当にピックアップし、僕なりに改作したのもあります。原作者の皆様(コロナに免じて)どうか、お許しを!

 

▼笑って免疫力アップ【川柳;ニッポンの年老いた夫婦】

☆「インスタバエ」「新種の蠅か?」と孫に問う

☆いない時 妻の枕を尻に敷き

☆問診に俺より妻が答えてる

☆「仲いいね」「いいえ夫は杖代わり」

☆「粗大ごみ」そういう妻は「不燃ごみ」

☆デイサービス「お迎えです」はやめてくれ

☆寝ているのに起こされて飲む睡眠薬

☆「マイナンバー」ナンマイダーと聞き違え

☆「先寝るぞ!」「安らかに」と返す妻

☆俺だって死ねば弔辞で褒められる

☆遺言状「すべて妻に」と妻の字

☆「ご主人は?」「お盆に帰る」と詐欺に云い

 

▼笑って免疫力アップ【18歳と81歳の違い】

☆道路を暴走するのが18歳 道路を逆走するのが81

☆恋に溺れるのが18歳 風呂で溺れるのが81

☆自分探しが18歳 皆が探すのが81

☆恋で胸を詰まらせるのが18歳 餅で喉を詰まらせるのが81

☆心がもろいのが18歳 骨がもろいのが81

☆聞く気が無いのが18歳 聞こえないのが81

☆筋肉が張るのが18歳 筋肉に貼るのが81

☆緊張で震えるのが18歳 何もないのに震えるのが81

☆偏差値が気になるのが18歳 検査値が気になるのが81

☆衣装も化粧も薄いのが18歳 衣装も面(ツラ)も厚いのが81

☆金も時間も無いのが18歳 金も時間も使えないのが81

☆胸のドキドキが止まらないのが18歳 胸の動悸が止まらないのが81

☆まだ何も知らないのが18歳 もう何も覚えてないのが81

☆元気いっぱいの18歳 病気いっぱいの81

☆もうすぐおとなだ18歳 もうすぐおとなしくなる81

☆行く先が見えないのが18歳 逝く先が見えるのが81

☆朝起きられないのが18歳 朝起きてこないのが81

☆友に会いたくなって行く18歳 友に逢いたくなって逝く81

☆乾杯で始まるのが18歳 黙祷で始まるのが81

 

17歳と71歳でもいいのかもしれないが、71歳の僕は「そんなの関係ない!」と突っぱねることができる。

 

また、19歳と91歳だと「たぶん僕には91歳はないぞ!」と突っぱね、これまたリアリティがない。

 

というわけで、この18歳と81歳は、今の僕には81歳の方には誠に申し訳ないけど、この自虐ネタは心地よい。

 

さて、お次がいいコロナ?

カテゴリ:- | 10:41 | - | - | -
だし道楽・実践編 

以前(2020.04.07 Tuesday )このブログに「だし道楽」のことを書きましたが、その報告を忘れていました。

 

右肩の検索欄に「だし道楽」と入れてみてください。

 

IMG_20200405_111954[1] - コピー.jpg

 

ゴールデンウィーク中(4月28日)に実際に試してみました。ざる蕎麦です。

 

だし道楽.JPG

 

確か7倍ほどに薄めて使うようになっていました。

 

どういうわけか少しとろみがある液体です。いや〜実に旨い!

 

たぶん癖になるのだろ。いや、だし中毒(?)になるのかな?それで、店が閉まっている深夜(コンビニは開いているが、そこには置いていない)でも、すぐに自販機まで走る、ということだろうか?

 

カテゴリ:- | 15:15 | - | - | -
映画・コンテイジョン

先日、映画「感染列島」を紹介したところ、こんな映画もあると教えてくれた方があったので、DVDを借りてきて、本日、見てみた。

 

コンテイジョン.jpg

 

見るべき映画.jpg

 

yjimageEXSRMT11.jpg

 

ワクチンが開発され、その接種の順番をどうするかが、最後の大きな社会的な課題になるわけだが、「なるほどね」というところで終わる。それまでの大変さがよくわかる映画だ。参考になると思った。

 

 

 

カテゴリ:- | 19:04 | - | - | -
バラが咲いた

(♪バラが咲いた、バラが咲いた、寂しかった僕の庭にも・・・)寂しくはなかったが、うちの庭にもバラが咲いた。

 

美大時代からの友人の野間君にもらったバラの苗に花が咲いた。

 

IMG_20200505_100801[1].jpg

 

IMG_20200505_101311[1].jpg

 

日当たりのいい工房では既に咲いていたのだが、我が家のも、ついに咲いてくれた。たった一輪だが、うれしかった!

 

例によって本日も1万歩の散歩。これが最後になるといいが…。そこで見た不思議な花だ。

 

IMG_20200506_152320[1].jpg

 

明日は、工房で仕事だが・・・?

 

 

カテゴリ:- | 20:03 | - | - | -
テラスにテント

それぞれ自宅で謹慎している孫のうち男の子ふたりが昨日、我が家に集合。僕が個々に乗用車で迎えに行き、外部の人との接触は全くナシ。

 

DSC09527.JPG

 

長女夫婦の家です。作品のいくつかを見せてもらいました。

 

DSC09522.JPG

 

「てっちゃん」ぶりにさらに磨きがかかっていた。部屋に設置されている黒板だが、上が中央線で、下が京王線。

 

DSC09523.JPG

 

下の絵は、1年生の時に描いた絵で、想像の8階(?)建ての建物らしい。「素晴らしい!」と思うのは爺バカかな?

 

DSC09526.JPG

 

昨夜は我々の狭い部屋に泊まった二人の孫だが、それは、本日テラスに張ったテントに泊まるという夢(?)の実現のための練習問題だったのだ。

 

DSC09535.JPG

 

山用のコンパクトな軽量なテント。張り方を教える。極めてよく話を聞いてくれる。

 

DSC09542.JPG

 

DSC09545.JPG

 

雨が降りそうなので、フライシートも設置。

 

DSC09546.JPG

 

DSC09551.JPG

 

DSC09552.JPG

 

昨年は、この後、僕だけが泊まることになったが、今晩はどうだろうかな?

 

 

カテゴリ:- | 19:57 | - | - | -
鎌倉古道をゆく

司馬遼太郎の「街道をゆく」ではないが、住まいのすぐ近くにある「かしのき山自然公園」に残っている鎌倉古道を歩いてみました。

 

1517910888.jpg

 

町田駅を南に下ったあたりが、この公園です。

 

IMG_20200501_145830[2].jpg

 

左側から入り右側へ抜けた。

 

IMG_20200501_145836[2].jpg

 

IMG_20200501_145836[2].jpg

 

IMG_20200501_145648[1].jpg

 

IMG_20200501_150340[1].jpg

 

IMG_20200501_150436[1].jpg

 

ここからしばらくはそれらしい道が続いたが、その後に道がわからなくなって適当に歩いた。というわけで、鎌倉古道を少し歩いただけの本日だった。もちろん1万歩は歩いた。そのうちに北側(つまり鎌倉から離れる方向)に歩いてみよう!

 

 

カテゴリ:- | 19:50 | - | - | -
謹慎生活が続く

光野です。みなさん、どがんしよ(いかがお過ごしでしょうか)?

 

佐世保バカ人会のメンバーだけではなく、

今まさに人類にとって未曽有の災害に襲われています。

 

想定外の出来事が、僕らの平和だったころの生活を制限しています。

と云っても、空気がなくなったり、水が飲めないというわけではないので、

まだ十分な余裕があります。

 

僕の近況報告です。

 

僕らの小さな会社「でく工房」は425日から、

今のところ政府の言うことを聞き、

56日まで休業することにしています。

(たぶんもっと伸ばすことになるようですな〜)

 

今は大好きな山に登ることもできません。

同じくキャンプも無理かなと思っています。

 

本当は日頃できない仕事に専念するという生産的な案もないわけではありませんが、

基本は怠け者の僕は、これ幸いと年越しのような気分になり、

本当は朝から🍺なんですが、それだけはやめて、

午前中に近所を1万歩の散歩をやり、昼飯はテラスで🍺

 

DSC09498.JPG

 

DSC09502.JPG

 

気温は27度、本日は完全に夏日です。

 

DSC09509.JPG

 

そして、好きな映画三昧で(困っている方には、ほんとに申し訳ありませが)素敵な謹慎生活です。

 

このようにして、2020年の4月が終わることを記録しておこう。

 

カテゴリ:- | 15:36 | - | - | -
| 1/235PAGES | >>