甲斐駒ヶ岳は次回に

仙丈ヶ岳に登った翌日は、山小屋を夜明け前に出発して甲斐駒ヶ岳を予定していたが、次回の楽しみにすることにした。

 

ひとつは、16時のバスに間に合わないと翌日に工房の仕事ができないということ、そして天気がさほど良くない。夜中は星が見えていたが、翌朝は雨というほどではないが、時折霧雨。

 

朝からバスを乗り換え、甲府駅をめざすことにした。

 

切符を買っていたら、バスガイドさんが「途中下車して温泉に入れますよ」ということで、そんなことをそこそこ期待していたところに、願ってもない状況になった。

 

DSCN9144.JPG

 

当然ながら湯上りビールだ。最高〜!

 

そして下車後1時間半くらいしたら、次のバスがやってきた。

 

ちょうどお昼時に甲府駅に到着。駅前で見つけた行列店だ。

 

DSCN9148.JPG

 

DSCN9147.JPG

 

そばとこの甘辛く煮た「鳥もつ煮」とビールがこんなに相性がいいというのを生まれて初めて体験。長く生きてみる価値はある。

 

 

カテゴリ:- | 13:13 | - | - | -
仙丈ヶ岳登山

京王八王子駅前を10日(金曜日)の24:15発(実は11日の 0:15のこと)の登山バスにのり、長野県伊那市の戸台口(仙流荘)に5:00に到着。

 

DSCN9100.JPG

 

すると、こんな光景が…。

 

DSCN9101.JPG

 

しばらくしたらバスが来た。バスを待つ行列だった。

 

DSCN9102 (2).JPG

 

6時半ころにこの山小屋に到着。この小屋を7時に出発。

 

DSCN9150.JPG

 

地図の右上の方でページが変わるところ(左側ページ)。バスの終点が北沢峠。その少し手前で降りると、そこが大平山荘。そこから反時計回りで仙丈ヶ岳・小仙丈ヶ岳をめぐるルートをとった。コースタイムを合計すると6時間50分というコースだ。

 

DSCN9104.JPG

 

沢沿いの急傾斜を登る。この時点ではよく晴れていた。

 

DSCN9107.JPG

 

この時だけ甲斐駒ヶ岳がきれいに見えた翌日登る予定の山だ。

 

DSCN9109.JPG

 

DSCN9111.JPG

 

花も蝶も名前はわからないが、とてもきれいだ。

 

DSCN9113.JPG

 

携行食の包装が気圧が低いため、こんなに膨らんでいる。馬の背ヒュッテ2640m 。

 

DSCN9115.JPG

 

ここで昼飯。500円は少し高いかなと思ったが、実に旨い。平地でもおすすめです!

 

DSCN9119.JPG

 

山頂のすぐ下にある仙丈小屋の前にある道標。

 

DSCN9120.JPG

 

少しガスがかかっているが、山頂が見えてきた。

 

DSCN9121.JPG

 

12時20分頃だ。歩き始めて5時間20分経過。

 

DSCN9124.JPG

 

すぐ足元の小石を記念に持ち帰る。いつものことだが、おそらくこの石はこの山ができた時から、ここにあったのだと思うと気が遠くなる。貧困な脳みそでは「想像を絶する」という他はないのだが…。

 

DSCN9125.JPG

 

藪沢カール。カールとは氷河が作った大きな谷のことだ。

 

DSCN9128.JPG

 

仙丈ヶ岳の頂上から小仙丈ヶ岳をめざすルートだ。

 

DSCN9129 (2).JPG

 

仙丈ヶ岳を振り返ってみる。下は、この拡大写真で、頂上にいる人も見える。

 

DSCN9129 (3).JPG

 

DSCN9131.JPG

 

いきなり目の前にライチョウが!目が合ってしまった。

 

DSCN9132.JPG

 

子どもを四羽連れていた。子どもたちがハイマツの下に隠れるのを確認して後を追う。

 

DSCN9135.JPG


ここから見て一番高いのが小仙丈ヶ岳だ。

 

DSCN9137.JPG

 

ここからが長かった。バスが止まる北沢峠に降りた時は16時を回っていた。

 

歩き始めて9時間以上かかって、スタートの大平山荘に戻った。コースタイムというのは、地図に示した地点から次の目安になる地点までを30〜50歳の人が休みなく歩く平均的な時間を示したものらしい。

 

7時間くらいのコースタイムに休憩時間や昼食時間を入れれば、8時間から9時間くらいかかるのは、早いとは言えないが、まあまあのタイムだろうか。

 

カテゴリ:- | 18:46 | - | - | -
岡崎へ

初めて岡崎に出向いた。有名な花火大会に次女の連れ合いの実家から招待された。

 

DSCN8988.JPG

 

花火の始まる時間を待つ間、気温は40度近いが僕は生ビールをいただき、至福の時である。

 

このテラスで盛大なバーベキュー。ビール片手に観覧。よく見える。

 

DSCN9006.JPG

 

次女から話しには聞いていたが、驚きの花火だ。考えてみれば、花火をじっくり見るのは、10数年前の話だ。花火も進化している。しかしながら、うまく撮影できなかった。動画じゃないと無理かな?

 

たまたま見た岡崎のローカルテレビでみた展覧会に翌日は出かけた。

 

DSCN9086 (2).JPG

 

DSCN9094.JPG

 

DSCN9040 (2).JPG

 

創作者がテレビのなかでも語っていたが、参加型の展覧会で、楽しい仕掛けがいっぱいだ。僕も参加してみた。

 

DSCN9047 (2).JPG

 

口からビー玉を入れると不思議な音が響き渡る。おなかをバチ(?)でこするとゲロゲロ、グワッグワッとカエルの鳴き声が。二人の孫もここから離れず、しばらく楽しんでいた。

 

DSCN9049.JPG

 

DSCN9085.JPG

 

これは、回転させると不思議な音が出る。長女の息子もしばらく遊んでいた。

 

DSCN9076.JPG

 

入り口にはマイヨール。

 

DSCN9090.JPG

 

そして岡本太郎の作品が。

 

DSCN9093.JPG

 

下の象さんの素材は、ダンボールということだか、実に素晴らしい!

 

DSCN9092.JPG

 

窓の外には、こんなものが。

 

DSCN9091.JPG
おかざき世界こども美術博物館は素晴らしい!
カテゴリ:- | 10:41 | - | - | -
正社員募集中

でく工房は正社員を募集しています。

 

チャレンジ精神旺盛な人
コミュニケーションが得意な人
モノづくりが好きな人

 

ご希望のかたは、下記にご連絡ください。

 

有限会社でく工房
TEL:042-542-7040
担当:竹野節子

 

2.JPG

 

賞味(消費?)期限が切れかけていますが、

不肖・光野有次が全力で責任もって育成します。

カテゴリ:- | 21:45 | - | - | -
孫3人らと川遊び

昨日は仕事を休み、孫3人らを清流に連れて行きました。

 

DSCN8882.JPG

 

おかげで、貸し切り状態でした。

 

DSCN8884.JPG

 

世の中は猛暑でしたが、この清流に最初に片足を入れるのには、少し勇気がいります。

 

DSCN8870.JPG

 

慣れるととても気持ちがいい!

 

DSCN8874.JPG

 

DSCN8887.JPG

 

だんだん慣れて、こんなことに。一番ちびちゃんが始めました。浮き輪を使っての清流下りです。

 

DSCN8890.JPG


川の流れを怖がっていた5~6歳の男子も3歳の女の子につられて、遊びました。

 

DSCN8896.JPG

 

 

カテゴリ:- | 22:06 | - | - | -
猛暑日の佐世保バカ人会

21日(土曜日)の出来事になるが、仲間の出版を祝う会(ついでに暑気払い)を兼ねて、バカ人会を開催。猛暑の12時(正午)に、事前に参加を表明していた15名が一人ももれなく、居酒屋に集合。

 

DSCN8840.JPG

 

左が著者の坂田クン。長く大手商社に勤務し、往時の体験を通し、ニッポン国家の脆弱性を鋭く指摘。それはいまだ変わらずという点は我らは肝に銘じてなければならんということもよく分かった。

 

DSCN8866.JPG

 

表紙絵も本人。墨絵も趣味だとか。

 

3時間飲み放題のあと、カラオケに。

 

DSCN8843.JPG

 

広々とした部屋を借り切り、マイクを使って近況報告など。その後はカラオケ大会に。左手前は(それなりに大事にされている)喫煙族およそ4名(?)。

 

猛暑の中のバカ人会 (2).JPG

 

解散前に15人全員で無事記念撮影。18時を少し過ぎていた。

カテゴリ:- | 07:11 | - | - | -
八ヶ岳縦走の追加写真

同行者から写真送ってもらいました。僕は雨の中の危険個所の撮影はできなかったので、貴重な写真です。

 

雨の中、鎖場を登る。足元は沢のような流れが…。

 

PIC_3297 (2).jpg

 

下に見えるのが、やっとたどり着いた初日の宿泊予定の八ヶ岳展望荘だ。

 

PIC_3306.jpg

 

翌朝、富士山がくっきりと

 

PIC_3294.jpg

 

PIC_3295.jpg

 

PIC_3290.jpg

 

PIC_3292.jpg

 

初心者もよく頑張りました。

カテゴリ:- | 19:17 | - | - | -
懲りない面々

昨年同様、またいつもの山荘に楽しく集合。

 

オーバー60の面々が、日付変更線を越える頃から、将来(オイサキ)を問わず語り。

 

DSCN8756.JPG

 

60年以上真面目(?)に生きてきた方の話は、実に面白い。(寝ている人もいるが)哲学の講義より面白い。

 

そして翌朝。いつものようにシェフの絶品料理。

 

DSCN8759.JPG

 

恒例(高齢?)の記念撮影会。正しいグ~、チョキ、

 

DSCN8761.JPG

 

DSCN8762.JPG

 

そして、「ぱ〜と思う方は、そのままで!」

 

DSCN8764 (2).JPG

 

ということで、無事撮影会が終了。

 

そして、そのすぐ横では…。

 

DSCN8769.JPG

 

そして、すぐ近くの池に。手を入れると指が切れるくらい冷たい清流が流れ込んでいた。

 

DSCN8773.JPG

 

そして、ここで解散。また来年まで、お互い元気で!

 

DSCN8778.JPG

 

 

 

 

 

 

カテゴリ:- | 19:38 | - | - | -
赤岳・横岳・硫黄岳 縦走

美濃戸からスタート

 

DSCN8662.JPG

 

DSCN8665.JPG

 

DSCN8668.JPG

 

DSCN8669.JPG

 

行者小屋

 

DSCN8672 (2).JPG

 

DSCN8675.JPG

 

雨の中の赤岳(2899m)登頂

 

DSCN8684.JPG

 

DSCN8682 (2).JPG

 

赤岳展望荘で夕食

 

DSCN8686.JPG

 

翌朝

 

DSCN8690.JPG

 

いい天気です!

 

DSCN8693.JPG

 

赤岳を見上げる。左奥に富士山がくっきりと、いい天気だ。

 

DSCN8697.JPG

 

DSCN8703.JPG

 

DSCN8708.JPG

 

DSCN8714.JPG

 

DSCN8717.JPG

 

百花繚乱のお花畑

 

DSCN8720.JPG

 

DSCN8723 (2).JPG

 

横岳

 

DSCN8724.JPG

 

DSCN8727 (2).JPG

 

目の前に雲雀(ひばり)が!

 

DSCN8733.JPG

 

DSCN8734.JPG

 

下に見えるのが硫黄岳山荘

 

DSCN8736.JPG

 

硫黄岳

 

DSCN8738.JPG

 

DSCN8743.JPG

 

DSCN8745.JPG

 

稜線の男(?)

 

DSCN8746.JPG

 

DSCN8752.JPG

 

DSCN8755.JPG

 

初日は8時間、2日目は9時間(もちろん途中の休憩を入れての時間ですが)歩いて、やっとのゴール!

 

 

 

 

カテゴリ:- | 23:15 | - | - | -
これから予定されているシーティング研修会

本日は新潟で研修会(10:30~16:00)でした。朝6時に出かけ、夕食は9時過ぎに自宅でした。新幹線は便利ですね。

 

DSCN8658.JPG

 

これから予定されている研修会です。今現在、決定しているものだけです。

※黒字は円窓社、青字は雲母書房主催です。hpで確認できます。

 

825日(土)横浜水道会館(第3会議室)横浜市保土ヶ谷区宮田町1−5−7

98日(土)広島ロードビル(大会議室)広島市東区光町2−9−24

9月9日(日)天神ビル(第11号会議室)福岡市天神2−12−1

917日(月)グランシップ(1002号室) 静岡市駿河区池田79−4

922日(土)長野県理学療法士協会

923日(日)総合ケアセンター駒場苑(2階)目黒区大橋2−19−1

930日(日)名古屋企業福祉会館(第5+6会議室)名古屋市中区大須2−19−36

106日(土)JA松本市会館(401+402会議室)松本市深志2−1−1

1027日(土)千葉県教育会館(本館6604号)千葉市中央4−13−10

113日(土)市民活動プラザ星園(中会議室)札幌市中央区南8条西2丁目

116日(火)静岡県社会福祉協議会

1117日(土)日立地区産業支援センター(第4研修室) 日立市西成沢町2−20−1 

11月18日(日)水道会館(中会議室)文京区本郷1−4−1

121日(土)神戸市教育会館(203会議室)神戸市中央区中山手通4−10−5

12月2日(日)大阪府社会福祉会館(505会議室)大阪市中央区谷町7−4−15

カテゴリ:- | 22:53 | - | - | -
| 1/216PAGES | >>