境界のベンチ

お隣との境界にベンチを作ることにした。

 

時々テラスで七輪炊き肉(通称=七肉林?)をやるが、お隣さんにも声をかける。都合が合えば、参加してもらうのだが、お隣の敷地からうちのテラスに渡って来るにはバリアがあった。

 

それで、許可を得てお隣の庭木の枝を払ったが、それでも行き来をするのは、やや辛かった。その理由は、下の通り。

 

1.JPG

 

そこで、ベンチを兼ねた台をこしらえた。

 

2.JPG

 

大きくまたがなくても、楽に行き来ができるようになった。

 

出来上がると、まさしく「気分はバリアフリー」だ!

 

隣家とのささやかな境界線だったが、出入り自由にしてしまうと我が家の敷地も大きくなったような気分になるから不思議だ。

 

トランプは国境に壁を作ると息巻いていたが、いつの世も、国境があることで得する人(=国を守るための大義名分を探して息巻く人たち)と「国境なんて邪魔でしょうがないや」と思っている人がいる。

 

 

 

カテゴリ:- | 18:49 | - | - | -
敬老の日の前日

本当は、男の孫二人と今日は筑波山登山、そのあとは、牛久大仏の見物予定だったがあいにくの雨。

 

孫が遊びに来た。

 

DSCN8213.JPG

 

DSCN8214.JPG

 

保育所で描いたジイジの顔をお土産に持ってきてくれた。

 

DSCN8219.JPG

 

DSCN8224 (2).JPG

 

孫は枝豆をもくもくと食べ続けた。

 

DSCN8229 (2).JPG

 

それで、僕は「枝豆小僧のかんたろう〜」と唄ってやりましたが、反応なし。

 

カテゴリ:- | 15:33 | - | - | -
国際福祉機器展で公表(新しい椅子)

僕らが開発したモノが、9月27日(水)から29日(金)までの3日間、東京ビッグサイトで開催される国際福祉機器展で公開されます。

 

興味のある方は是非、ランダルコーポレーションのブースにお越しください。僕は中日はお昼からいませんが、他の日は会場にいる予定です。

 

image1 (62).JPG

 

これは新しい椅子です。もちろん、坐り心地はお試しできます。

カテゴリ:- | 20:53 | - | - | -
豆苗(とうみょう)

一度、役目を果たした豆苗が、再び成長したが、水遣りを忘れたら、

 

DSCN8198.JPG

 

こんなになっていた。

 

カップ一杯の水を与えた。

 

DSCN8200.JPG

 

そして翌朝。

 

嬉しかったので、すぐに3分の1くらいを食べてしまった(?)。これでぇ、いいのだ!

 

カテゴリ:- | 21:31 | - | - | -
9月の勉強会

8月を除いて毎月の勉強会を9日(土)に開催。

 

今回は、二人のセラピストを招いた。

 

DSCN8179.JPG

 

DSCN8180.JPG

 

DSCN8182.JPG

 

二人とも病院を離れ独立(起業)したセラピストである。

 

DSCN8184.JPG

 

DSCN8189.JPG

 

利用者に寄り添った新しい活動に拍手。

 

そして、実際にシーティングが必要な方の身体状況を確認した。モデルも参加したセラピスト。

 

DSCN8197.JPG

 

DSCN8196.JPG

 

 

 

 

 

カテゴリ:- | 23:18 | - | - | -
イベント案内 

今月はイベントが目白押しです。

 

27日から29日まで、ビッグサイトで国際福祉機器展です。

 

僕はランダルコーポレーションのブースで新製品2種の説明をします。28日は午後からは他へ出かけて会場にはいません。

 

その前に、26日から交通会館で、ウチダシステムズ主催の全く新しい形の展示会が開催されます。

 

f5987af6986c16.jpg

 

僕は初日・26日は会場にいる予定です。27日は社長(竹野)が当番です。

 

f5987af6987fc3.jpg

 

この「暮」のコーナーに「でく工房」の製品が数点展示されます。どなたでも参加できます。できれば、事前に申し込みしてください。

 

それに先立ち、先週、関係スタッフを対象にした研修会が開催されました。

 

DSCN8133.JPG

 

食器の説明を終えた後、ふとスプーンを置いてみると…。驚いた!

 

DSCN8141.JPG

 

この納まりの良さについて、スプーンの開発者(荒井利春)は気付いているだろうか?彼は、この「すくいやすい食器」開発の中心メンバーでもあるのだが…。開発の時期はおそらく20年近く隔てているはず。

 

 

カテゴリ:- | 17:39 | - | - | -
昨夜の出来事

紀伊国屋書店の新宿本社ビルの応接室で、期せずしてこの方(の肖像画)に出会いました。

 

DSCN8159.JPG

 

1972年に上京して間もなく、エレベーターにこの方と同乗したことを鮮明に思い出しました。

 

DSCN8162.JPG

 

19時かから始まりました。

 

DSCN8167.JPG

 

希望者にレポ・ネクストを試してもらいました。

 

DSCN8170.JPG

 

DSCN8173.JPG

 

僕の役割は無事(?)に終わり、主役の梶山さんのサイン会でした。

 

DSCN8174.JPG

 

カテゴリ:- | 21:46 | - | - | -
しごとのわトークリレー#02 (9月8日19時から)

 

3日後に迫ってしまいました。急遽案内です。もう満席だったら、ご容赦ください。以下は案内です。光野

 

 

 

意外と知らない椅子のこと。「長く働けるからだ」と椅子の深〜い関係 出版記念イベント

 

 

 

 梶山 表紙.jpg

 

 

 

『長く働けるからだをつくる』の出版を記念し、「坐らせること」の専門家、シーティング・エンジニアの光野有次氏と、交通事故で長期リハビリを余儀なくされたノンフィクション作家のかじやますみこ氏が「生きること、働くことと坐ること」「ニッポン人と椅子の暮らし」などについて語る。


光野氏が開発した新作の椅子を体験できます。

 

 

 

日  時|201798日(金) 開場1845/開演1900

 

会  場|紀伊國屋書店新宿本店8階イベントスペース

 

参加方法|無料でご観覧いただけるイベントです。2017818日(金)午前10時よりお電話にて座席のご予約を受け付けいたします。(先着50名)

 

ご予約電話番号:03-3354-5703

 

新宿本店3階売場直通(10002100

 


※当店に繋がる他の電話番号にかけられてもご予約は承れませんのでご注意下さい。
※間違い電話が頻発しています。上記の電話番号を今一度お確かめの上お掛け下さい。
※イベントに関するお問い合わせも、上記の電話番号までお願いいたします。

 

 

梶山さん.png 

 

 

 

かじやま すみこ(梶山 寿子)さんプロフィール


ノンフィクション作家。神戸大学文学部卒業。ニューヨーク大学大学院で修士号取得。経営者、アーティストなどの評伝のほか、ソーシャルビジネス、女性の生き方・働き方、教育など幅広いテーマに取り組む。書評家、放送作家、翻訳家としても活動中。主著に『トップ・プロデューサーの仕事術』『鈴木敏夫のジブリマジック』(日経ビジネス人文庫)、『紀州のエジソンの女房』(中央公論新社)、『35歳までに知っておきたい最幸の働き方』(ディスカヴァー21)、『そこに音楽があった 楽都仙台と東日本大震災』(文藝春秋)など。

 

 

 

詳しくは;https://www.kinokuniya.co.jp/c/store/Shinjuku-Main-Store/20170818100052.html

 

カテゴリ:- | 15:43 | - | - | -
JR町田駅のホームドア

最近、設置されました。

 

DSCN8064.JPG

 

DSCN8067.JPG

 

ホームドアとなっていますが、もはやドアではなくホームフェンスですね!

 

これだと全国普及が早くなりそうですね。初期のホームドアの設置費用とは比べようがないですね。

 

DSCN8069.JPG

 

DSCN8070.JPG

 

DSCN8072.JPG

カテゴリ:- | 21:44 | - | - | -
おじさんおばさんの蓼科山登山と山荘

蓼科山7合目(標高1900m)まで車で送ってもらった。左3人が山頂をめざす。

 

DSCN7964.jpg

 

DSCN7965.jpg

 

ここで道を間違いそうになった。この案内板を見てない(つまり足元だけをみていると)と、まっすぐに行きたくなる。このすぐに行き止まりになるが、困ったことに下に降りた形跡があるので、それにつられて、おかしいなとは思いながら、岩場をすこし降りてみた。ガスがかかっていたら、こんなとこでも遭難できそうだ。

 

DSCN7970.jpg

 

DSCN7974.jpg

 

DSCN7978.jpg

 

標高2530m。

 

DSCN7975.jpg

 

頂上の小さな石を拝借。

 

DSCN7976.jpg

 

DSCN7979.jpg

 

以前登った赤岳(八ヶ岳の主峰)。

 

DSCN7980.jpg

 

不思議な山頂である。富士山の山頂のミニチュア版、たぶん噴火口の後だろう。およそ直径200メートルの中心に祠。

 

DSCN7984.jpg

 

この実は?

 

DSCN7987.jpg

 

結構厳しい下山。

 

DSCN7988.jpg

 

DSCN7990.jpg

 

たぶんコケモモ(?)。

 

DSCN7997.jpg

 

下山後、温泉で汗を流し、寺光さんらの山小屋に集合。ここに工房仲間の地元の古松君も参加。

 

DSCN8002.jpg

 

朝、目を覚ますと古松くんが珍しいキノコをゲット。そして手すりの取り付け。

 

DSCN8003.jpg

 

DSCN8004.jpg

 

DSCN8005.jpg

 

テラスの向こうには、昨日登った蓼科山。

 

DSCN8006.jpg


おなじみのグ〜チョキ・ぱ〜!

 

DSCN8011.JPG

 

DSCN8012.JPG

 

DSCN8013.JPG

 

DSCN8023.jpg

 

DSCN8028.jpg

 

姿が美しい蓼科山。

 

DSCN8029.jpg

 

楽しかったおじさんおばさんの休日も、ここでお別れ。また来年!

カテゴリ:- | 20:38 | - | - | -
| 1/205PAGES | >>