<< 湖山リハ病院の勉強会(3月17日) | main | 金曜日から土曜日21時 >>
座圧計
動けなくてじっと坐り続けなければならない方は、お尻に褥瘡を作ってしまうリスクが高くなります。

専門的には以下のような基準があります。

●毛細血管内圧「32mmHg」が褥瘡ケアのバロメーター
人間の毛細血管内圧は通常32mmHgで、これ以上の圧力が加わると毛細血管が閉塞状態になり皮膚組織に血が通わなくなってしまいます。褥瘡を予防するにはこの数値以下に保持することが大切です。しかし、実際はこの32mmHgをクリアすることは困難であり、褥瘡予防においては最近の臨床現場の研究による数値の40〜50mmHgが安全と言われています。

詳細;http://www.woundhealing-center.jp/chiryo/matless_yoin.php

でく工房でも座圧計測装置(体圧分布測定器)を導入して様々なクッションを試しています。

計測中.jpg

DSCN9523.jpg

DSCN9524.jpg

DSCN9525.jpg

DSCN9526.jpg

「SRソフトビジョン」http://www.fukoku-jp.net/srsoftvision/ によって計測しました。

 
カテゴリ:- | 23:26 | - | - | -