<< 7月の勉強会(オットーボック製品を知ろう) 第1部 パラリンピック | main | 第7回 シーティング技術者交流会 その >>
7月の勉強会(オットーボック製品を知ろう) 第2部 24時間コンセプト

第2部は製品紹介です。

 

DSCN7801.jpg

 

会社の製品コンセプトからですが、「24時間コンセプト」というのは、子どもたちの環境整備です。

 

DSCN7802.jpg

 

DSCN7804.jpg

 

僕が「24時間の姿勢管理」というのとまったく同じ考えでした。

 

DSCN7803.jpg

 

上の写真はベビー(0歳児)のための電動車椅子です。ハイハイすることができない子も坐ることができれば自分で動き回ることができます。もちろん安全性は十分に確保されないといけないが、この動く経験が後の発達を大いに刺激する。

 

子どもの一日です。

 

DSCN7805.jpg

 

生活場面ごとに姿勢保持のための補助用具が必要です。

 

 DSCN7806.jpg

 

DSCN7807.jpg

 

坐ることが目的ではない。何かをやるために坐るのだ。

 

DSCN7808.jpg

 

DSCN7809.jpg

 

DSCN7810.jpg

 

DSCN7813.jpg

 

様々な臥位を保持するためのクッション。

 

DSCN7814.jpg

 

部品の付け替えでクロラー(はいはい補助具)や坐位での移動などにも使える遊具タイプの補助器具。

 

DSCN7815.jpg

 

DSCN7816.jpg

 

座位保持にも使えるシステムクッション。

 

DSCN7817.jpg

 

DSCN7819.jpg

 

年齢に応じてサイズが大きくなるだけでなく、その時に必要な姿勢保持機能がついている。

 

DSCN7820.jpg

 

DSCN7821.jpg

  

キッドウォークは両手が使えるのが大きな特徴。

 

DSCN7823.jpg

 

DSCN7824.jpg

 

DSCN7825.jpg

 

DSCN7826.jpgDSCN7828.jpgDSCN7829.jpg

 

とてもよくできた「子どもの発達とそれを保障する用具」の話で、大学レベルの講義内容でした。

 

2時間の充実したお話の後は、楽しい昼食会。

 

DSCN7830.jpg

 

中島さん、お疲れ様でした。ありがとうございました。(この話は、これにておしまい!)

 

カテゴリ:- | 13:15 | - | - | -