<< 新しい特別養護老人ホーム | main | レポの説明会(そう工房) >>
電動車椅子を学ぶ

昨日の工房の勉強会は「こっぱ舎」による「簡易電動車椅子を知ろう!」でした。「こっぱ舎」は工房の古い仲間です。

 

代表者の橋本さんのプレゼンは、とても興味深いものでした。もともとは、工房の仕事は木工を主体としたモノづくりでした。橋本さんは、電気関係の技術者として働いていたそうですが、その後、職業訓練校で木工を学び、工房の仕事に携わるようになったのですが、木工を主にしていた工房の仲間では、いち早く電動車椅子に取り組んだ人の一人です。

 

DSCN0464.JPG

 

DSCN0465.jpg

 

下のグラフは、こっぱ舎の例ですが、わが国の傾向を示しているのじゃないかと思いました。学齢に達するまでは、電動車椅子は与えない、ということもよくわかります。このことは、海外の事情を知った人がいつも指摘する点です。

 

少し前までは、小学生でも高学年にならないとダメという規定がありました。これは今は撤廃されましたが、現場の職員さんたちはこのことを知らない方もまだ少なくないようです。

 

DSCN0466.jpg

 

僕がスウェーデンで学んだころ(今から30年以上も前)でも、学齢前の子どもたちが使うかわいい電動車椅子が無償で貸し出しされていました。

 

小さい時期に自分の意志で動くことを学んだ子は、その後の発達にはもちろん、歩行訓練でも成果を上げていることは、世界のリハでは広く知られ、エビデンスも挙げられています。

 

わが国では関係者が、その事実に目をふさいでいるのか、福祉貧困国のため悔しいので「早くそんなもの(電動)を与えると、自分の足で歩くことを意識できなくなる」なんて、非科学的なことを唱えるリハの先生(セラピストも含む)たちの声が大きい。悲しいことです。「この世界はエビデンスが大事だ」と大声で叫んでいる方々です。

 

こっぱ舎の仕事は、まさしく現代の工房の仕事の一面を担ったものといえます。個別の対応です。手の動きや指の動きに制限がある子どもたちに対応しています。

 

利用者に正面から向き合っています。何度もやり直すという仕事ぶりはまさしく、工房の鑑(かがみ)ですね。

 

DSCN0469.JPG

 

ローテクはわかるけど「アルテク」とは、きっとあるもので何とか対応しようという工房スタイルかなと思って尋ねたら、まさしくその通り。つまりブリコラージュですね。

 

DSCN0470.JPG

 

DSCN0473.JPG

 

後半は、メーカーであるヤマハ発動機のプレゼン。

 

DSCN0482.JPG

 

向かって左がこれまでのニッケル水素のバッテリー。右が少し大きくなったが新しいリチュームイオンのバッテリー。一回の充電で2倍長く走れ、しかも充電回数は2倍以上の長寿命。「値段は2倍ちょっとするが、4倍以上の機能を持っているので大変お得!」との説明に、思わず膝をたたいた。

 

DSCN0487.JPG

 

下は、ジョイスチック(操縦桿)を倒すときに、例えば左に倒す力が極端に弱い方への対応を説明しています。

 

利用者にジョイスチックを2周動かしてもらうと、青い線の軌跡がパソコンの画面上に表現され、それをもとに電子的に感度をコントロールしてくれるように設計されています。

 

DSCN0493.JPG

 

ですから、左へ倒す力が弱くても、その人の意思が伝わるようになっています。弱い力でも左へ曲がることが可能になります。この調整も我々販売店の仕事です。

 

DSCN0485.JPG

 

手や指の力が弱い方や、逆に力が入りすぎる方のためにスプリングを交換して対応できるようになっています。下はノブの形状とスプリングの相性を示す表です。

 

DSCN0492.JPG

 

ノブ(操縦桿)を外して中のスプリングを交換します。

 

DSCN0501.JPG

 

左から一番弱いスプリング。左から3番目が標準。彩色なし。

 

DSCN0491.JPG

 

この作業をやるためには、メーカーの指導を受け、認定が必要です。この後の時間に我々は無事認定をされました。

 

こっぱ舎とヤマハの皆さんのおかげで、とても有意義な時間を過ごすことができました。ありがとうございました。来年もまたこの勉強会に来ていただけることを約束しました。

 

 

カテゴリ:- | 09:14 | - | - | -