<< 東京競馬場 | main | 久しぶりの台湾 >>
シーティングの効果に驚く― その知識と実践 【次回は名古屋】

 

昨日は大阪で作業療法士の串田さんと一緒に表記のシーティング研修会を担当してきました。

 

DSCN8844.JPG

 

「ビフォー・アフターに我々も大変驚いた」というのがイントロです。

 

DSCN8845.JPG

 

上図は、理学療法士の大渕さんが作成したものを串田さんが大渕さんの許可を得て改変したもので、時間軸も追加され、とても有意義なチャートになっています。

 

会場には串田さんの友人のセラピストが駆け付け、患者モデルをやってくれました。

 

DSCN8848.JPG

 

「臥位の評価」の実際と、下は「坐位の確認」。

 

DSCN8847.JPG

 

以下は案内文より

 

PT・OTなどの専門職の教科書には、「坐り」についての解説がほとんどありません。

 

そのため、専門職でもその場で起こっている現象を正しく理解して、解決する力が不足しています。例えば、間違った「坐り」は、褥瘡や拘縮などの廃用症候群を引き起こします。

 

福祉用具の開発が進んでも、これらをうまく使いこなす知識が追いついていません。本研修では、長年、同じ臨床現場で姿勢の専門家と用具の専門家としてシーティングを実践してきたお二人に基礎から応用まで学びます。

 

「表わざ」・「裏わざ」を駆使して、現場に必要なヒントをお伝えいたします。シーティングの知識のない人もPT・OTなどの専門職も、シーティングを科学することで実践的な技術がすぐに身につきます。

 

以下は当日のプログラムです。

1、不良姿勢による体への影響

2、重力との関係づくり

3、身体のアライメント

4、床坐と椅子坐

5、現状把握と対応方法

6、三つの困難事例

7、現場での応急対応

8、事例から学ぶ

9、用具を知る

10、グループディスカッション

 

終了後にアンケートの結果を拝見したところ、多くの方が満足して帰っていた大都ことがわかりました。

 

9月に東京から始まったこの研修会ですが、来週は名古屋で(まだ申し込めます)、来年1月は福岡です。

 

会場:名古屋企業福祉会館

日時:11月16日(木)930分〜1630

受講料:12,000

 対象;PT・OTなどのセラピストや介護職員など

http://www.comedicalacademy.com/image/pdf-s.gifお申込書ダウンロード

 

詳細;http://www.comedicalacademy.com/kensyu/066/

 

2018(平成30)年111日(木)9301630

福岡会場;林英ビル 福岡市博多区博多駅前 3-13-1 博多駅徒歩7分

カテゴリ:- | 14:00 | - | - | -