<< あたらしい中古車 | main | 二人の孫たちとの年越し・そして正月 >>
今年も ヨ・ロ・シ・ク!

安祈念 賀新年 乃用心 数病災 家内  

 門松や 思えば一夜 三十年 (芭蕉)   2018年1月1日

 

3・11のあとに戻った古巣でく工房では、創業以来続けている主に小児の個別注文の椅子や車椅子の仕事に加え、高齢者のリハ現場でシーティングを定期的に継続し、その結果を踏まえて全国各地で「シーティング研修会」(時に執筆)、そして新製品の開発も拍車がかかってきました。

 

週末のジム通いは既に2年半。確かに年は取ったと思うが、自分の体と向き合うことでわかることが増えてきた。これから何年生きるかわからないが、今後の人生では今が一番若い。今やれることを今年も精一杯やってみたい。

 

昨年の主な出来事  ※相変わらずシーティング研修会などで毎月全国各地をウロウロ。

 

2月25日美大卒後45年(50年までもたないという声に同感?)の集いで金沢4月15〜16日キッズフェスタ出展(レポNEXT発表)5月4〜5日丹沢縦走(蛭ケ岳1673m5月20「楽しくて・ちょっとためになり・元気の出る日」八王子で開催6月24モノモノで「木考会」同窓会7月1〜2日シーティング技術者交流会 8日「佐世保バカ人会」15日〜17昨年天候不順のため途中で引き返した表銀座(北アルプス)を制覇。3日間毎日7時間歩く8月5日 東京湾でサバ釣り12日谷川岳(1977m26日蓼科山(2531m9月27〜29日国際福祉機器展で新製品のペルチェアとアニマートを発表10月1孫2人を連れて筑波山(877m)7日「こどものための福祉機器展」昭島市役所で開催 9日ビール飲み放題東京湾クルーズ12月9日工房の「ストーブ開き」26日初代プリウスから中古アイシス(7人乗り4WD)へ乗り換え。

 

光野有次 (でく工房勤務/3月に69歳の予定

mitsuno@deku-kobo.com

ブログ; 光野有次の「気分はバリアフリー」 http://mitsunoy.jugem.jp

カテゴリ:- | 10:39 | - | - | -