<< 文化的散策 第2回目 | main | 猫の尾 >>
69回目の誕生会

以前なら想像もつかないことですが、FBのおかげで、昨日多くの方々からお祝いの言葉をいただきました。本来ならば、一人一人にお礼を申し上げなければならないのですが、今の正直な気持ちをお伝えして、それに代えさせていただきます。

 

誕生日にいつも思うことは、そこそこ丈夫な体でこの世に生み出してくれた母親に感謝で、お礼を言いたい、が既にあの世に往ってしまっているので、声は届かないが、気持ちは届いただろうか。誕生会は母への感謝の日でもある。

 

そうはいっても、3人の子(実子)がそれぞれ連れ合いと子(孫)を連れて、玉川学園駅前の居酒屋に集合してくれた。僕も仕事着のまま、少し遅れて到着。

 

IMG_2048.JPG

 

IMG_9941 (2).JPG

 

孫娘は不二家のペコちゃんの真似が得意。

 

IMG_2049 (2).JPG

 

すっかりおなか一杯になって我が家に向かう。

 

1 (2).jpg

 

ケーキよりもロウソクに大喜びの孫たちだ。

 

IMG_2041 (2).jpg

 

2人の時は組み合わせは1組しかないが、3人いると組み合わせは一気に増える。1対1の組み合わせが3組、1対2の組み合わせが3組、そして1対1対1という場面も生じる。合計7組のパターンが生じるのだ。一気に7倍の人間関係ができてしまう。

 

これが「3人目から社会が生まれる」という話だろう。これは、うちに3人の子(女・女・男)がいたので、実感はしていたが、それが昨夜再現したというわけで、至福のひと時であった。

 

2家族は泊まる予定だったが、急遽全員泊まることになり、12時近くまで盛り上がった。ところが朝からもうれしいらしく、5時過ぎから騒ぎ始めた。

 

IMG_9950 (2).JPG

 

寝不足をものともせず、いつもより早い朝食。

 

さて、69歳の僕はというと、明日も変わらず好きなモノづくりの仕事場へ向かえるということに感謝と喜びだ。でく工房を若い世代に上手にバトンタッチするまでは、もう少しいい仕事をしたいと願うのは強欲だろうか。

 

 

 

 

 

カテゴリ:- | 10:00 | - | - | -