<< 本日の勉強会 | main | 雲母書房のシーティング研修会 >>
プリモの量産(?)スタート

4月に開催されたキッズフェスタにプリモを発表。

 

プリモ.jpg

 

 

やっと量産モデルが完成。といっても、Sサイズ5台、Mサイズ5台なのでハンドメイドの域を出ない。

 

試作を繰り返してきたが、これからクッションや縫製品の再検討を行い、即日納品体制をめざしている。当面は弊社「でく工房」のお客さん向けになるが、フレームだけということで、気心の知れた工房仲間にも卸している。

 

AAA_9100 (2).JPG

 

これはSサイズで右側は標準モデル。左はパイプフレームは同じだが、木製フレームの高さを低くしたもの。

 

左は座面水平時の座面高は40、右は53 だが、それぞれ上下に3儖榮阿任る。

 

ティルトとリクライニングを使って傾けると、今まで坐れなかった子でも座位が可能になる。だから「最初(=プリモ)の椅子」と名付けたのです。

 

AAA_9105 (2).JPG

 

ここまで起こすと普通型の車椅子にも坐れるようになる。坐るときに関係する関節部の動きに適応できるように、各部の角度が自由に調節できるし、各部の長さも2センチピッチで調節できる。

 

下はプリモの原型になった座位保持装置である。普通に成長していたお子さんであるが、突然重い障害を持ってしまい、寝たきりの生活に。

 

1 (2).JPG

 

仮合わせの時の角度。

 

2.JPG

 

完成して納品。

 

4 (2).JPG


それから一カ月後。ずいぶん起きて坐ることができるようになった。

 

5 (2).JPG

 

 

 

カテゴリ:- | 17:03 | - | - | -