<< 年の初めに | main | 弘法山縦走 >>
国宝が工房にやってきた

昨日、工房の近くに用があるからということで、友人の人間国宝が車に乗って(自分で運転して)やってきた。

 

歓迎したみんなは国宝に触る。

 

人間国宝とは、日本の文化財保護法に基づき文部科学大臣が指定した重要文化財の保持者として認定された人をさす通称らしい。

 

須田賢司さんは工芸技術部門の木工芸における人間国宝である。若いころに「木工を考える会」を作った時の初期からの仲間である。木工のまともな教育を受けたことのない僕らにとっては、この上ない師匠であった。

 

須田さんについては;https://www.mokkougei.com/

木工を考える会については;https://monomono.jp/?p=3618

 

やや腰痛気味という国宝をモデラートでいやしてもらう。悪くない評価。

 

1.JPG

 

近くのビール小屋で昼食。

 

2.JPG

 

残念ながらビールは無しでした。

 

3.JPG

 

給仕してくれた方は、偶然だが(あたりまえか)、なんと同じ須田さんでした。それを記念して撮影。

 

4.JPG

 

カテゴリ:- | 17:50 | - | - | -