<< 瞼を閉じれば(セブの思い出) その | main | 長谷川 武雄 仕事展 >>
瞼を閉じれば(セブの思い出) その

KIMG0704.JPG

 

すんましぇん! 縦にし~きらんでした。横になってみてください。

 

KIMG0656.JPG

 

朝起きたら、こんなのが!見たことのない光景です。

 

KIMG0655.JPG

 

下は、西林氏(プロカメラマン)撮影で、まだ落花する前の状態。夜明けとともに落下する不思議。

 

DSC01753.jpg

 

DSC01750.jpg

 

下はウィキペデアからの引用です。

 

ネムノキ属は主として熱帯150種ほどが分布するが、その中でネムノキは飛び抜けて耐寒性が強く高緯度まで分布する。温帯で広く栽培され、一部で野生化している。

 

和名のネム、ネブは、夜になると葉が閉じること(就眠運動)に由来する。漢字名の「合歓木」は、中国においてネムノキが夫婦円満の象徴とされていることから付けられたものである。

 

ネムノキの就眠運動は、葉の付け根の膨らんだ部分(葉枕)の内部圧力を変化させる仕組みにより葉を開閉する。周囲が暗くなると葉を閉じるが、光を当て続ける実験を行ったところ、体内時計による概日リズムに従って就眠することが判明している

 

 

 

 

カテゴリ:- | 22:06 | - | - | -