<< 第3回 楽しくて・ちょっとためになり・元気がでる日 (略称=楽タメ) | main | 白馬岳登山 >>
45歳になった「でく工房」

7月1日に「でく工房」は45歳の誕生日を迎えた。

 

僕は1974年6月中旬に、練馬区春日町のガレージ付きの戸建て住宅に引っ越しした。相棒の竹野は、いすゞ自動車を退社するわけだが、有給休暇を消化してしまっていたので、6月が終わるころに越してきた。

 

それで、7月1日に。かねてから準備していた「でく工房」の小さな看板を郵便受けの近くに取り付けた。

 

後で名刺を作った時もそうだが、少しのテレと自負心を持った新鮮な気分だったことを、(きのうではないが)一昨日のようにリアルに思い出す。こうして思い出すと僕の人生が決まった瞬間だったのだ。

 

そうして昼からふたりして池袋にあった大工道具店に出向き、それぞれが2つの玄翁(げんのう=トンカチのこと)と1本の切り出しナイフを購入した。

 

こうしてスタートした日だが、その日にはそれから45年後は全く想像だにしていなかった。周りからは「1年も持てばいいほうだ」という声も聞こえていた。

 

「でく工房」もさることながら、当時25歳の僕がそれから45年間元気で生きているというイメージはなかった。そのころは3年先をイメージすることが限度であった。

 

僕は、それから9年間「でく工房」、そしてその後5年間重症心身障害児施設でリハエンジニアとして勤務。この5年のちょうど真ん中の1年間がスウェーデンだ。1988年10月1日に諫早市内に「無限工房」を設立。2006年に「パンテーラ・ジャパン」を立ち上げたりした後、2011年(東北の大震災のあと)5月に「でく工房」に復帰した。

 

だから、45年といっても僕自身は最初の9年と、この8年、合わせても17年である。

 

本日(7月8日)、1週遅れで記念品が社長から手渡され、お祝いをした。

 

DSC00310.JPG

 

DSC00312.JPG

 

紅白の饅頭ならず、チーズケーキだ。

 

DSC00314.JPG

 

 

 

カテゴリ:- | 12:20 | - | - | -