<< 2020年の3日目 | main | 柴又へ >>
2020年の4日目(寅さんにみるバリアフリー)

いつもだと仕事始めの日だが、カレンダーの都合で、まだ正月が続いています。皆さんいかがお過ごしでしょうか?

 

昨日、孫たち一家は帰っていった。台風一過である。それで、今、話題の寅さんを観に行った。

 

僕は寅さん映画の熱心な鑑賞者ではないのだが、時折見ていた。当時は「マンネリの美学」とは、こういうものかと、なかばバカにしつつも、どこか心惹かれていたものだ。ま、いわば「演歌」のようなものと感じていた。

 

お帰り寅さん.jpg

 

映像はネットから拝借。

 

手すり.jpg

 

おなじみのメンバーは、実年齢を重ねてリアルである。右端は蛾次郎。

 

ソファ.jpg

 

この2枚の写真でもわかるが、室内にバリアフリーの工夫がある。素晴らしい!

 

室内.jpg

 

上がり框(かまち)に手すり、そして畳の部屋(居間)のソファーである。そのソファーの使い方が、高齢者にとってどのようなものかを確認できる。リアルだ。余談だが、ゴクミがきちんと正座できていたことだ。

 

内容はご覧になってください。この年まで生きてよかったと思う、実に素晴らしい寅さんのきめ台詞が僕の腹に響く。涙なしでは見れなかった。周りに知り合いがいなくてよかった!

 

 

 

 

 

 

カテゴリ:- | 17:33 | - | - | -