<< 2020年の4日目(寅さんにみるバリアフリー) | main | ポルトガルへ出かけて見た その‖膵匈 >>
柴又へ

東京都下に住んでいるので、いつかそのうちと思っていたが、今朝、目が覚めたら「いつでも行けると思っているうちに、ついに行けなくなってしまうこともあった」こと(例えば二宮金次郎館だ)を思い出し、本日が正月休みの最後の日だし、晴天だし、ということで、昨日の感動が冷めないうちにと、そそくさと柴又に出向いた。

 

1.JPG

 

2.JPG

 

3.JPG

 

駅前で「寅さんを見送るさくら」という構図だ。先日、テレビの番組の中で倍賞千恵子さんは「渥美さんはともかく、まだ生きている私が銅像になっているというのは、妙な気持ちですよ」と言っていたのを思い出した。

 

4.JPG

 

5.JPG

 

このお店が団子屋のモデルになったところだ。知らなかったが、この「とらや」というのは偶然なのか?映画の中では「くるま菓子舗」となっている。

 

6.JPG

 

1-1.JPG

 

8.JPG

 

変な話だが、映画と同じということを確かめ、安心する自分に気づいた。

 

9.JPG

 

下は帝釈天のすぐ近くにある「寅さん記念館」の中にある映画のセットだ。

 

10.JPG

 

下は2階建ての模型。

 

11.JPG

 

12.JPG

 

13.JPG

 

荒川の土手もすぐそばにあり、これまた「なるほど」と安心した。

 

14.JPG

 

 

 

カテゴリ:- | 18:38 | - | - | -