<< パキスタンからやってきた好青年 | main | ドラえもんの車いすの本 >>
「第0回 ウィルチェア・テクニックカウンセリング」開催
以下のような案内が、ネットで流されていました。

今回は第0回ということで、無料です!(しかも昼食付!!)初心者からある程度生活の中で使用している人まで、楽しみながら車いすの勉強をしませんか。基本的なことからキャスター上げ、段差越えまで目からウロコが落ちるかも……!!


危機一髪です。笑っている場合でしょうか?


困った自転車です。


実はビルの屋上でした。

僕も、車椅子を提供するボランティアとして参加しました。もちろん無料の弁当もお目当てでした。

事前の練習風景です。


悪戦苦闘です。


何とかゴールできました。僕にとっては、富士登山に次ぐ今年の快挙でした。

僕らの仕事仲間の会社である「ランダル・コーポレーション蝓廚硫鮎紊砲蘯けられたコースで実技トレーニングでした。

今回の講師は、スウェーデンで車椅子操作のインストラクターの修行を積まれた岡野善紀さんです。



北風が吹く本日でしたが、「第0回 ウィルチェア・テクニックカウンセリング」のトレーニングは気持ちの良い秋晴れといった感じでした。

カウンセリングというのは、心理学を学ばれた指導者の岡野さんならではの発想です。参加者ひとりひとりと丁寧に会話を積み上げながら作っていくという共有の場でした。

来春から、本格的にスタートする予定とか。これからが楽しみです。

カテゴリ:- | 23:46 | comments(1) | - | -
コメント
「もぐ」さんからのコメントが、今年の1月30日のブログに寄せられていましたので、こちらにも紹介します。

光野さま
本日の「ウィルチェア・テクニックカウンセリング」ではお世話になりました。「玉」にこっそり混じっていた「石」のもぐです。ぺこり。
「目から鱗!?」という表題は真実でした。

取り急ぎ御礼と帰宅の報告までに。
また伺います。

| もぐ | 2008/12/07 7:28 PM |

見たり聞いたりすることと、自分の体で体験することの差は大きいですね。目から鱗が取れると、すっきりしますよね!
| 光野 | 2008/12/08 6:56 AM |
コメントする