<< ニッポン人の食事姿勢 | main | 寡黙なる巨人 >>
調理台
先日、久しぶりに訪問した特別養護老人ホームで、以前はなかった調理台を発見。それで例のごとく、写真を撮りたくなったので、その許可を得ようと近くにいた職員さんに声を掛けると、実にうれしい声が帰ってきました。

「この調理台、とても人気があるのですよ!」、「はい、どうぞ、どうぞ!」と言いながら、その調理台に乗っていたものが、一瞬にして片付けられてしまいました。





調理の時間には、まだ間がある時間帯でしたので、片付けられると、なんだか殺風景になりました。生活感があって、そのままでもよかったのになあと思いながらも、またもとに戻してくださいとは言えなくて、「モデルさんがおられると、いい感じですがね〜」とつぶやくと、これまたすぐ近くにおられた入所者のかたが、モデルという言葉に反応されたようで、ニコニコ顔で登場されました。



この施設の定員は50人。20年以上前にオープンし、デイサービスの部分はあとから建設されたものですが、全体にこじんまりしています。いつ出向いても清潔で、とても手入れの行き届いていて、丁寧に使われているという感じが伝わってきます。職員さんも以前からの顔見知りの方が多く働いていました。

このキッチンは、デイサービスとのつなぎ目に位置しています。

グループホームや最近のユニットケアタイプの特別養護老人ホームでは、キッチンがあるのがフツーになってきましたが、僕にとっては、このような例は珍しかったのでカメラを取り出したという次第でした。

「ここでですネ、ご利用者の方から私たちが、珍しい料理をいろいろ教えてもらっているのですよ!」と、職員さんの弾んだ声。

「なるほど!」と僕は感心し、深く納得しました。いかにも料理の好きそうな高齢女性の笑顔でした。次回は実際の調理の場面を取らせてもらいたいと強く思いました。

その場には、高齢男性の姿が見えなかったので、確かめはしませんでしたが、調理に興味のない高齢男性は、おそらくその輪には参加しにくいだろうなと、僕はフト思いました。

そして、僕はどうだろうかと考えました。

きっと昔、NHKの「今日の料理」に出演し、紹介した数々の自慢の「自炊の料理」を紹介し、その輪の中で得々としている未来の僕の姿を思い浮かべました。

いずれにしても、人の住まいの場は台所を旨として設計すれば、皆平和です。



これは、歩ける方たちの食卓です。
カテゴリ:- | 22:39 | comments(6) | - | -
コメント
今日17日、常用漢字のニュースを耳にして、「もしや!」と思いパソコンを開きました。

「椅」の字はどうなったのでしょうね。

僕の早とちりかもしれませんが。
| ultra | 2008/12/17 9:56 PM |
ultraさん!

ところで、開いたパソコンの結果は?
| 光野 | 2008/12/17 11:53 PM |
ultraさん!わかりましたよ。

2008年9月22日、前回の追加候補案188字が改めて審議され、1字が削除、4字が加わることになったそうです。すなわち追加候補の漢字は1、88-1+4=191字です。

ご安心ください。「椅」は大丈夫でしたよ。正式には2010年ということですから、あと1年と数ヵ月後になりますね。
| 光野 | 2008/12/18 12:40 PM |
パソコンを開き、191字という数字は分かったのですが、肝心の「椅」の字がどうなったか分からずにいました。

2010年ですか。

椅子の日が現実的になってきましたね。
| ultra | 2008/12/19 9:53 PM |
2008年12月6日の記事でご紹介された「先日、久しぶりに訪問した特別養護老人ホームで、以前はなかった調理台」について、教えていただきたくコメントいたします。
福祉系の大学で、介護福祉士課程で調理実習などの授業を担当しております。鳥居と申します。
実習室調理台のユニバーサルデザイン化を検討中です。
様々なユニバーサルデザインの調理台を見ているうちに、こちらのブログで「これ!」という調理台を見つけました。
恐れ入りますが、メーカーや型番などをご存知でしたら、お教えいただきたくお願い申し上げます。
あるいは、直接、施設にお電話させていただければと存じます。
差支えなければ、施設の名称とご連絡先をお教えいただけませんでしょうか?
突然のお願いで恐縮ですが、どうぞ、よろしくお願い申し上げます。
| 鳥居美佳子 | 2015/10/14 4:41 PM |
佐世保にある海南荘です。
| 光野有次 | 2015/10/30 11:18 PM |
コメントする