楽しくて・ちょっとためになり・元気がでる日(略称;楽タメ)

昨日、八王子で第1回「楽しくて・ちょっとためになり・元気がでる日(略称;楽タメ)」を車椅子シーティング介護研究会(代表・光野)が開催しました。

 

1.jpg

 

2.jpg

 

(前略)法律の整備とともに、当たり前の生活を実現するためには福祉用具の活用が不可欠です。ご自身の力ではうまく坐ることができない方に対し、快適に坐るために工夫した福祉用具(主に車椅子や座位保持装置)の研究が必要です。また、その適切な供給のためノウハウなどを研究し情報を共有する場も必要です。

 

これまでは、研修会や展示会の開催を中心に活動してきましたが、地域で活動する当事者や介護に携わる方のお話しを聞き、日常の生活場面で困っていること将来の展望につながる情報などを共有する場として、家族や関係者が楽しめるイベントを企画しました。今回が初めての試みです。(パネルにした開催趣旨より)

 

 

昨年から企画していたものです。利用者や家族に展示会というかたちで用具を見てもらい試してもらう(4月の「キッズフェスタ」や10月の「子どもの福祉機器展」)というのも大事ですが、展示会では伝えきれない僕らの想いをかたちにしたものです。

 

初めての試みだったので、人が来てくれるのかとても不安でしたが、会場の大きさにちょうどあうくらいの来場者でしたし、何より来てくださった方々が口を揃えて「また来年も!」という声に、主催者としては安堵し励まされました。

 

開場はパーティションで2つに分け、手前は遊びのコーナーや相談コーナーで、奥はお話を聞く場に設定。

 

DSCN6678.jpg

 

最初は、遠山さんによる紙芝居。

 

DSCN6665.jpg

 

幕間に上演してもらいました。

 

DSCN6666.jpg

 

今回はほとんどが10分程度でしたが、それぞれにその独自な世界が展開されており、拍子木の音を合図に、大人たちも一瞬で引っ張り込まれて快感。不思議な体験でした。

 

 

次はオットーボックの中島さん。

 

DSCN6671.jpg

 

パラリンピックの舞台裏で選手の用具のメンテを引き受ける話です

 

DSCN6672.jpg

 

ご自身の体験に基づく話は説得力がありました。

 

続けて、「24時間コンセプト」の話。

 

DSCN6681.jpg

 

これは僕の持論でもあるのですが、どんな子でもいつも変化し発達している。そのことに着目し、それにふさわしい生活環境やその生活を実現する用具を提供すべきだということです。

 

DSCN6685.jpg 

 

言語聴覚士(ST)の森岡さんからは、ST仲間たちと取り組んでいるボランティア活動の意義と実態を伝えてもらいました。

 

DSCN6691.jpg

 

いつも展示会では来場した子どもたちを楽しませてくれますが、その時の留意点などを含めたコツも教えていただきました。

 

DSCN6693.jpg

 

そして昼休み。

 

DSCN6699.jpg

 

早めに昼食が終わった方のために、紙芝居2本。皆大喜び。

 

DSCN6702.jpg

 

そして、今回の目玉の一つが重い障害を持った子を育ててきたお二人の母親(出口さんと安部井さん)の体験談。長年にわたり家族とともに地域で暮らす中で得られたノウハウとともに、その中で人生観や人間観などが垣間見られる話で、子どもとともに家族も成長していくことがよくわかりました。

 

DSCN6705.jpg

 

そのお二人から上手に話を聞きだしたのは、司会者の清水さん。清水さんはでく工房のある昭島市で、重症心身障害児の発達支援や放課後デイサービスの主宰者。

 

DSCN6707.jpg

 

右側のテーブルにはでくの「すくいやすい食器」とともに代表的な共用品のサンプルを展示。

 

DSCN6714.jpg

 

相談コーナーを代表して、理学療法士の小川さんの紹介。

 

DSCN6716.jpg

 

そして、最後の講演は、作業療法士で子どものシーティングを牽引してきた岸本さん。

 

DSCN6718.jpg

 

DSCN6719.jpg

 

岸本さんはアフリカやチベットそして東南アジアなど発展途上国の支援活動でも有名ですが(僕も聞いてみたかったのですが)、今回会場から「どうしてそんな国に出かけるのですか」と質問。

 

DSCN6720.jpg

 

きっかけは教員時代にアフリカからの留学生のその後を知りたくて出向いたことだったそうだ。

 

DSCN6723.jpg

 

全くリハビリがない状況で(車)椅子を提供することで、子どもが激変するという事実にとても関心を持ったという答えには、思はず膝を打った。エビデンスという言葉が跋扈しているが、これ以上のエビデンスはあるまい。

 

わが国では、いわゆるリハビリや教育、あるいは薬など子どもの発達を促す手段はいくつもある。しかし、発展途上国ではそれらが皆無。そこにたった一つの用具が入るだけで、子どもが激変する。それ以外の因子がないというわけだ。

 

本人はその興味でとおっしゃるが、もちろんそれ以外の想いもあるのでしょう。

 

日本のこの分野の歴史も語ってもらった。

 

DSCN6724.jpg

 

DSCN6725 (2).jpg

 

若いころの僕らの写真や当時の用具も紹介され、いささか赤面。左のイラストは僕が描いたもの。

 

DSCN6726.jpg 

 

僕は奥の会場の総合司会だったので、手前のコーナーの詳細はよくわからないが、大変にぎわっていたことはわかった。

 

DSCN6696.jpg

 

DSCN6680.jpg

 

DSCN6682.jpg

 

来場者の笑顔と励ましの声をいただくと、反省すべきは反省し、来年の開催に向けて企画していきたいと強く思いました。

 

カテゴリ:- | 11:31 | - | - | -
新居で初の佐世保バカ人会

昨年秋、住み慣れた借家を越してしまったので、我が家の庭で盛大に開催されてきた「佐世保バカ人会」は、しばらく町田のお店でひそやかに開催してきましたが、ついに昨日、狭い庭に作ったテラスに集合。

 

雨にも夏の暑さ(?)にも、負けない屋根付きの自作のテラス。

 

DSCN6531.jpg

 

DSCN6533.jpg

 

下見に来ていた奴は、耐荷重を心配していたが、まったく問題ないことが実証された。

 

DSCN6532.jpg

 

バラもこの日に合わせたように満開。佐世保バカがどんどん増えている。佐世保の人口が減るのもわかるな~。

 

DSCN6534.jpg

 

高校卒業以来の仲間も参加。それまでの小雨が、乾杯の発声に合わせたように本降りになった。

 

DSCN6535.jpg

 

のびのびと佐世保弁で賑わう。佐世保をバカに愛する仲間たちである。

 

DSCN6557.jpg

 

恒例のグ〜・チョキ・ぱ〜!

 

DSCN6562.jpg

 

DSCN6563.jpg

 

佐世保の銘菓の「九十九島せんぺい」とぬあ〜んと御座候屋の「回転饅頭」も参上!

 

 

カテゴリ:- | 16:53 | - | - | -
本の雑誌 厄除け展

「町田市民文学館ことばらんど」は僕の好きな場所の一つ。

 

1.jpg

 

今、こんな企画展を開催しています。ぬあ〜んと入場無料!

 

2.jpg

 

4.jpg

 

僕もそう思いますね。面白いと思う本だけを読んでもいいのだ、と最近は思っています。

 

下は創刊号の表紙。

 

5-1.jpg

 

2号からずっとあの沢野さんが担当。

 

5.jpg

 

6.jpg

 

7.jpg

 

8.jpg

 

9.jpg

 

下は、受賞後のたぶん4人の飲み会(?)。

 

10.jpg

 

左から、椎名、木村、沢野、そして目黒。素敵な友情(?)。

 

実は、この右から二名は町田の住民だそうだ。

町田の文化レベルが垣間見れますね!(ちなみに遠藤周作さんや赤瀬川源平さんもうちの近くでした。森村誠一さんもすぐ近くです。)

 

11.jpg

 

本屋大賞もここから。

 

12.jpg

 

本好きの人にとっては(たぶん)至福の時が約束されています!繰り返して恐縮ですが、無料でですよ!

 

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリ:- | 21:40 | - | - | -
丹沢縦走(初めての蛭ガ岳)

丹沢は小田急線沿線に住む者にとっては、「自分らの庭」と呼ぶにはスケールが大きすぎるが、僕らにとっては身近な大自然である。伊勢原駅からは大山へ、渋沢駅からは塔ノ岳登山口の大倉へ、そしてこの5日には新松田駅からは蛭ガ岳の登り口である西丹沢自然教室までバスで出かける。

 

登山計画書をポストに入れ、歩き始めたのは9時20分。丹沢ではシカやカモシカには出会うことは少なくないが、こういうのもいるのだ。

 

DSCN6410 (2).jpg

 

つつじ新道には、ブーゲンビリアのような色のヤシオツツジ。

 

DSCN6414.jpg

 

谷底には残雪。

 

DSCN6420.jpg

 

今回は倅も同行してくれた。

 

DSCN6425.jpg

 

途中、昼食の休憩も入れ、最初の目的地・檜洞丸(ヒノキボラマル)1600mに到着したのは、5時間後の14時20分。休憩時間を入れないコースタイムだと4時間なので、順調なペースだ。

 

めざす蛭ガ岳である。

 

DSCN6428.jpg

 

DSCN6431.jpg

 

下は古い表示。以前より200mも短くなっているのにちょっと驚く。起伏のある山の100mは意外と長い。

 

白ガ岳に到着。上の標識からわずか700mになるが45分もかかっている。

 

DSCN6433.jpg

 

いよいよ主峰に取りつく。ここからがまたきつい。

 

DSCN6436.jpg

 

疲労したときにクサリ場は慎重にならざるを得ない。

 

DSCN6437.jpg

 

DSCN6440.jpg

 

ここからの500m、休憩も入れて35分もかかっている。

 

富士山がうつくしい。歩き始めてここまで9時間ほどかかった。

 

DSCN6443.jpg

 

DSCN6448.jpg

 

500円のビールがうまい。2本立て続けに。

 

DSCN6454.jpg

 

5月6日の夜明けだ。朝焼けにわずかに色づく富士山も美しい!

 

DSCN6457.jpg

 

朝6時過ぎに丹沢山をめざし出発。

 

DSCN6453.jpg

 

8時過ぎには到着。富士山の上には雲がかかっている。

 

DSCN6466.jpg

 

そして最後の塔ノ岳には10時到着。昨日に比べると楽なコースだ。

 

DSCN6469.jpg

 

実はここからが長い。大倉バスターミナルまで実に4時間。14時到着。下りに弱いことは前から分かっていたが、膝が笑う状態になってしまうとスピードががぜん落ち、降りてくる人から追い越されることはあっても追い越すことはなかった。この欠陥を克服するためのトレーニングの必要性を痛感。

 

初日は9時間。2日目は8時間の行動。走行距離はわずか22km。しかし累積標高差は登りが2438m、下りが2196m。富士登山よりもはるかに厳しかったことが、帰ってからガイドブックを確認してわかった。

 

富士山は2500m地点から1200mほど登るだけだ。つまり今回は2日続けて富士登山したことになる。たぶん疲れはそれ以上のはず。人生でこれほど疲れた登山はなかった。鍛え直すべきだろうな?

 

昼を食べずに、バス到着の渋沢駅から東海大学駅まで2駅移動。そして天然温泉「さざんかの湯」にさっと浸かってビール。

 

DSCN6478.jpg

 

足腰の弱った父親に付き合ってくれた倅に僕だけ感謝の2杯!

 

 

カテゴリ:- | 11:21 | - | - | -
僕の連休(前半)

5月3日の午前中は、近所でパンテーラを購入していただいた方の車載のトレーニングでした。

 

そして、いよいよお昼から連休モード。お気に入りの自作のテラスです。

 

DSCN6339.jpg

 

DSCN6340.jpg

 

ラムを炭焼きに、このワイン。

 

春になっても若葉が芽生えないので心配していたサルスベリの芽吹きです。

 

DSCN6343.jpg

 

そして本日(4日)、孫を連れ「子どもの国」へ。

 

DSCN6393.jpg

 

DSCN6397.jpg

 

明日から丹沢主稜縦走です。

 

 

 

 

カテゴリ:- | 21:36 | - | - | -
モノづくりのヒント 20

ブリコラージュ編集部に夏号の原稿(その24)を送付したところで、最近ブログに転載していなかったことに気付きました。左肩の検索欄に「モノづくりのヒント」と入れてみたら、昨年11月が最後で、その19で止まっていました。ちなみに次に出る初夏号の原稿はすでに校正済みです。

 

モノづくりのヒント

モノとモノの関係

 

例えばコーヒーカップとソーサーの関係だが、基本はどちらも容積が同じということだ。中のコーヒーがソーサーにも収まるようになっているのが正式(?)のデザインだ。もともとはカップからソーサーに移して飲んでいたからという説もあるが、粗相してもソーサーで受け止めてくれるようになっているからという講義も受けた。

僕の師匠の秋岡芳夫さんは家庭用の魔法瓶をデザインするときにヤカンの容積を調べ湯呑の容量を確認した。ヤカンでお湯を沸かし、それがちょうど入る大きさだと無駄がない。またお茶だと何杯になるのかも確認した。核家族化が急進していた時代だったので、サイズはそれまでになく小ぶりのものになった。

椅子とテーブルも親密な関係だ。椅子の高さは下腿高注1)よりやや低いほうがよい。靴を履く場合はヒールの高さを加味しなければならない。まず椅子の高さを決め、テーブルの上で展開されるドラマによって、その高さを決めるとよい。

楽に坐り肘を曲げたときの高さが目安となるが、読書と書字では微妙に異なる。文字を書くときはやや低めのほうが効率がよい。食事を中心に考えるなら、ナイフとフォークを使う場合は肘の高さに合わせるとちょうどよい。しかし箸を使う場合は、テーブルはできるだけ低いほうが快適だ。食べこぼしも少なくなる。

ところが介護現場では「人間運搬機である1945年型の車椅子(いわゆる標準型車椅子)」を椅子代わりにし、和食器を使わせているのに「洋式ダイニングテーブル」が採用されている。介護にかかわる方はこのシステムの破綻に気がつくべきだ。

実はモノとモノの関係だけではなく、その前提に者(利用者)が密接に絡んでいる。師匠は1970年初頭に「グループ・モノモノ」を立ち上げ、多くの先駆的な夢のあるプロジェクトを成功に導いた。「者と物」の関係を見つめ続けた偉大な工業デザイナーだった。

 

注)踵から膝の後ろまでの高さ

 

イラスト(小).jpg

 

カテゴリ:- | 12:20 | - | - | -
おとなり様

昨年9月に越してきて、近くて遠かったお隣様と初めての飲み会でした。

 

DSCN6319.jpg

 

DSCN6321.jpg

 

DSCN6322.jpg

 

まさしく気分はバリアフリ〜!

カテゴリ:- | 22:21 | - | - | -
ふたつの真剣な集い

昨夜は親友というか盟友の長谷川武雄さんを囲む会でした。


https://japan-designers.jp/profile/574/

 

DSCN6295.JPG

 

非常勤講師として学生たちとは出会うことはできますが、久しぶりに平場での子どもたち世代との真剣な会話(議論?)は実にエキサイティングでした。

 

そして本日。工房の勉強会です。

 

僕の子どもたちより若い講師を「でく工房」に迎えることができました。

 

DSCN6298.JPG

 

とても素晴らしい勉強会でした。

 

我々の日本車椅子シーティング協会の理事でもあるこの若者は、間違いなく業界の発展に寄与してくれるということが期待できました。不遜な言い方で恐縮ですが、工房の遺伝子が受け継がれたことを確信できた勉強会でした。

 

そして皆で楽しく昼食会。

 

DSCN6313.JPG

 

 

カテゴリ:- | 22:53 | - | - | -
社長の還暦お祝い会

少し遅くなってしまいました(実は先週のキッズフェスタの最終日)が、小社・社長の還暦祝賀会。本日ささやかなお祝いの会を社員の皆が一番揃う昼食後に開催。

 

贈物の贈呈式です。

 

DSCN6266.jpg

 

紅白のワインと赤いバラ!

 

DSCN6267.jpg

 

さて、このスマホに映っている写真は? 乞う、ご期待?

 

 

カテゴリ:- | 20:17 | - | - | -
キッズフェスタ 2017 最終日 (昨日のこと)

DSCN6225.JPG

 

DSCN6227.JPG

 

今年も多くの笑顔に出会うことができました。

 

DSCN6229.JPG

 

DSCN6230.JPG

 

DSCN6232.JPG

 

DSCN6235.JPG

 

DSCN6236.JPG

 

DSCN6237.JPG

 

泣き顔も・/// ^ω^)

 

DSCN6238.JPG

 

DSCN6241.JPG

 

DSCN6245.JPG

 

DSCN6247.JPG

 

DSCN6249.JPG

 

ヘッドレスト(まくら)があると、こんなに楽に!

 

DSCN6250.JPG

 

DSCN6255.JPG

 

 

 

カテゴリ:- | 22:39 | - | - | -
<< | 2/201PAGES | >>