トレイのカタチ

こんな形状のトレイ見たことありますよね。

 

 

ご存じの方が多いと思いますが、なんで、こんなカタチしているのかわからず、狭くなったほうを手前に置いたりして考えたことがありますが、昨日、孫と行った動物園で、そのカタチの意味が分かりました。

 

P1140227.JPG

 

これだと、4枚のトレイがこの正方形のテーブルに楽に乗ります。

 

カテゴリ:- | 17:05 | - | - | -
秘密(?)のシャワートイレ

お気付きの方も多いと思いますが、押しボタンが一つ足りないシャワートイレをある場所で見かけます。一般家庭では見かけません。

 

1.JPG

 

2.JPG

 

このことをご存じの淑女は少ないでしょう。

 

女性には秘密のシャワートイレです。確認したわけではないですが、男子トイレにしかないと思います。

 

兼用にした方が量産効果が出せるので、男性専用機を企画するのはどうかとも考えますが、たぶん、こうすることでコストダウンできたのでしょう。

カテゴリ:- | 12:57 | - | - | -
我が家の連休と我が家の連中(三孫集合)

昨日(4日)から本日(こどもの日)にかけて、おなじみの西丹沢ですが、今回はテントではなく、初めて立派なバンガロウに宿泊しました。

 

1557051315862_20190505192258.jpg

 

3人とも自宅には階段がないので、大騒ぎ。

 

P1140124 (2).jpg

 

P1140127 (2).jpg

 

P1140137.JPG

 

P1140148.JPG

 

P1140164.JPG

 

まるで、山の団地。

 

P1140166 (2).jpg

 

床暖が快適!

 

P1140178.JPG

 

ここに泊まりました。

 

P1140189.JPG

 

 

P1140197.JPG

 

P1140201.JPG

カテゴリ:- | 19:52 | - | - | -
連休の(正しい?)過ごし方

この異例の10連休ですが、皆様いかがお過ごしでしょうか?

 

僕にとっては今の仕事がなくなったら、どうすればいいかを試すとてもいい機会です。日頃できないことを、いろいろやっていますが、これが365日続くとなると、どうでしょうかね。

 

5月1日は、鬼太郎に、はまっている孫が泊まりに来て、深大寺の入り口にある「鬼太郎茶屋」に連れて行きました。

 

P1140062 (2).JPG

 

この「ちゃんちゃんこ」を求めるのが、主目的でした。

 

P1140071 (2).JPG

 

そして夕刻、お隣さんとご近所さんとテラスで飲み会でした。

 

1557008379109_20190506124426.jpg

 

P1140072.JPG

 

翌2日は我が家から歩いても行ける「子どもの国」へ。フリーマーケット最後の日でした。しかし、お昼前から大雨。

 

そして、本日3日は、午前中に家の周りの落ち葉を回収し、ひとり七輪三昧。

 

P1140088.JPG

 

カミさんは、今日は仕事です。よって(?)僕はのびのびやっています!

 

P1140091 (2).jpg

 

気温は25度を超えて、本日の我がテラスは真夏日を観測しました。

 

P1140104 (2).jpg

 

七輪の余熱で晩飯のおかずも作成。

 

P1140108 (2).jpg

 

 

 

カテゴリ:- | 14:52 | - | - | -
孫を連れてハイキング

昨秋(※注)の低山縦走のときに、「今度は逆コースで」と約束していたハイキングを昨日実行。

 

(※注 以下は翌日追記。完全な記憶違いだった。ブログで確認してみたら今年1月の話だった。若いころの記憶は正確だが、最近の記憶はこんな具合だ。年を取るということを実感するが、「それが、ど〜した!」という気分も…。)

http://mitsunoy.jugem.jp/?search=%B9%B0%CB%A1%BB%B3

 

1.JPG

 

新緑の中を歩くのは実に気分がいい。寒くもなく、暑くもなく、風もなく絶好のハイキング日和。

 

1-1.JPG

 

富士山もくっきりと!

 

2.JPG

 

2-2.JPG

 

富士をバックに。いつまで遊んでくれるのやら、できることなら「孫に連れられアルプスへ」が夢だ。

 

3.JPG

 

5.jpg

 

帰りの電車を待つが、自分が読む本がなく、僕のを取り上げ、しばらく眺めていた。小学校に入りたてで、まだひらがなが何とか読める程度だが、割と長い時間一生懸命読んでいるようなので「何て書いてあるかわかるのか?」と尋ねると、「ま〜だいたいね」と言う。「じゃ読んでみてよ」と頼むと「心の中で読むからね」という答え。

 

4.jpg

 

 

カテゴリ:- | 07:46 | - | - | -
杉のDIYデザイン展

昨日、オープニングパーティに呼ばれたので、新宿パークタワーにあるリビングデザインセンターOZONE(5階)に行ってきました。

 

1.JPG

 

5月7日(火)まで。詳しくは https://monomono.jp/?p=5183

 

2.JPG

 

出版記念展でもあります。この本の帯の裏側には「人間にとって、面白くて止められないのが工作で、面白くないな早く辞めたいなと思うのが作業です。」という秋岡さんのこんな言葉が…。

 

3.JPG

 

この企画は「グループ モノ・モノ」で代表者の菅村さん(左から3人目)で、彼の挨拶でスタート。

 

もともとは、1953年(当時、僕は4歳だ!)に出版された「アイディアを生かした家庭の工作」で紹介されたものを図面通りに、そのまま再現された杉の家具展だ。

 

5.JPG

 

僕は、この本は2011年に目黒美術館で開催された秋岡芳夫展で初めて知るわけだが、正直に白状すると、小学生のころから愛読していた「暮らしの手帖」の工作のページ(それを手本にして実際に工作して夏休みの作品としていたのだが…)みたいだなと、さらっと見過ごしていた。

 

5-1.JPG

 

この書き文字も花森安治のによく似ている。下が今回出版されたものだ。

 

 

 

8.jpg

 

見た目以上にとてもしっかりしている。坐りごこちも悪くない。工業デザイン事務所「KAK(カック)」の中心メンバーである師匠・秋岡さん(僕は社会人になってからの押しかけ弟子)らしい仕事だ。

 

7.JPG

 

4.JPG

 

今回、再現した人は大沼勇樹さん、1987年生まれだ。

 

8-1.JPG

 

9.JPG

 

島崎信先生も駆けつけ、ご挨拶。芸大時代には秋岡さんらのKAKの目覚ましい活躍ぶりをあこがれの目でみつめていたそうで、その後、(脈絡はよくわからなかったが)島崎先生は「東急ハンズ」をトータルに企画されたという話しをされた。僕は初めてそのことを知り驚いた。「手近かな材料を工夫しながら作る楽しさ」という今回の企画の意義を簡潔に述べられたので、「さすが!」と拍手。

 

5階の会場から、下の3階(吹き抜けになっている)を見下ろすと、

 

10.JPG

 

昔の仲間たちの作品展も開催されています。

 

11.JPG

 

カテゴリ:- | 14:55 | - | - | -
ベルトやテーブルの使用における解釈

ちょっと前の話になりますが、キッズフェスタの初日(413日)に日本車椅子シーティング財団が特別企画として「座位保持装置などに付属するベルトやテーブルの使用における解釈」という勉強会を展示場に付設された会議室で開催。

 

1.JPG

 

財団代表理事の木之瀬さんの挨拶。

 

2.jpg

 

まず、僕がトップバッターとしてその「解釈」を担当。

 

3.JPG

 

事の初めは、2001年に出された「身体拘束ゼロの手引き」にある。そこで、政府(厚労省)は初めてベッドだけではなく車椅子における身体拘束も問題として規制をかけた。実はそれを提案したのは僕で、当時の担当課長に実態を伝え、ワーキングメンバーに加わった。

 

「うまく坐れないのは車椅子があっていないから」ということを提示し、そのためにベルトを使うのは問題としたが、結果としては以下のようなまとめになった。

 

4.1.JPG

 

それで高齢者の介護現場では、「シートベルトやカットアウトテーブルは使えない」と勝手な解釈する施設もあり、このことを正しく理解してもらうにはどうしたものかと考えている中、障害者虐待防止について取りまとめられたものが昨年6月に発表された。

 

5.JPG

 

その中に「座位保持装置等におけるベルトやテーブルの使用」についての記述されたページがあるが、それを解説することになった。

 

6.JPG

 

実はこのページの下のイラスト(左)は以前、僕が依頼されて描いたものだが、その折に担当専門官に伝えた内容がベースになっている。それを、まとめたものが下の2枚である。

 

7.JPG

 

 

上図の上の吹き出しは、僕が勝手に付け加えたののです。公文書にはありません。

 

8.JPG

 

僕の解説のあとは、北米の実態の報告を当協会理事の山崎泰広さん。そのあとは吉永尚生さん(きさく工房)。

 

9.JPG

 

10.JPG

 

彼のプレゼンの1枚だが、おそらくみんなに共感される内容だと思う。

 

最後は、高木憲司さん。

 

11.JPG

 

もと厚労省の福祉用具専門官で、今は大学の先生。白板を使っての話は大学の講義のようだった。

 

12.JPG

 

結論は、個別援助計画の中に座位保持装置などの使用目的や使用時間を明らかにし、ベルトやテーブルの使用にも触れておくことであった。

 

P1020428.JPG

右は司会の佐野さん、中央は事務局長の川畑さん。

 

今後このあたりを現場で使いやすいものにしたいというのが、我々の財団の方向でもある。

 

このテーマは、今後は実行委員会方式でとりまとめることになってきています。

 

カテゴリ:- | 16:05 | - | - | -
バリアフリー展・最終日

初日から参加していましたが、ブログに掲載する時間が(連夜の飲み会のため?)ありませんでした。

 

P1020469.JPG

 

P1020473.JPG

 

P1020474.JPG

 

P1020478.JPG

 

P1020481.JPG

 

ランダルブースで本(アブラも)を販売しています。

 

P1020488.JPG

 

P1020503.JPG

 

P1020510.JPG

 

P1020512.JPG

 

P1020518.JPG

 

ロビンを思い出しました。

 

P1020523.JPG

 

P1020528.JPG

 

どことなく「みやぞん」の笑顔。

カテゴリ:- | 08:47 | - | - | -
新刊の紹介

この分野の業界紙として著名なシルバー産業新聞に僕らの新刊本が紹介されました。

 

シルバー産業新聞.jpg

 

紙面.jpg

 

この大阪のバリアフリー展には、3日間ランダルのブースで、僕が開発した製品の説明に立っています。この新刊本も紹介しています。どうぞお立ち寄りください。

 

新刊紹介.jpg

カテゴリ:- | 22:21 | - | - | -
無事終了!「2019キッズフェスタ」

およそ半年前から準備してきたキッズフェスタですが、昨日無事に終了。新製品紹介の意味もありましたが、試作品を展示して、反応を見てみようというものもありました。

 

P1020434.JPG

 

以前から要望のあった自立型の簡易なカットアウトテーブルです。まだ試作品です。

 

P1020436.JPG

 

簡単に折りたためて超軽量!

 

P1020432.JPG

 

P1020444.JPG

 

僕個人としては、1年かけて執筆した本のお披露目の場でもありました。

 

P1020439.JPG

 

台湾からのお客様にも購入していただいた。日本語でもok!とのこと。「英訳して」という声もあったが…。

 

P1020457.JPG

 

北九州市総合療育センターの中村詩子さんらが開発した「簡易用浴槽ミニ」。

 

以前は考えられなかったことだが、超小型の呼吸器が開発されたことで、超重症児も自宅で生活できるようになったが、お風呂の問題で苦労されている。気管切開しているので大変だ。

 

この浴槽は、その問題を解決したものです(拍手!)。

 

P1020463.JPG

 

 

 

 

 

 

カテゴリ:- | 06:51 | - | - | -
<< | 2/225PAGES | >>