69回目の誕生会

以前なら想像もつかないことですが、FBのおかげで、昨日多くの方々からお祝いの言葉をいただきました。本来ならば、一人一人にお礼を申し上げなければならないのですが、今の正直な気持ちをお伝えして、それに代えさせていただきます。

 

誕生日にいつも思うことは、そこそこ丈夫な体でこの世に生み出してくれた母親に感謝で、お礼を言いたい、が既にあの世に往ってしまっているので、声は届かないが、気持ちは届いただろうか。誕生会は母への感謝の日でもある。

 

そうはいっても、3人の子(実子)がそれぞれ連れ合いと子(孫)を連れて、玉川学園駅前の居酒屋に集合してくれた。僕も仕事着のまま、少し遅れて到着。

 

IMG_2048.JPG

 

IMG_9941 (2).JPG

 

孫娘は不二家のペコちゃんの真似が得意。

 

IMG_2049 (2).JPG

 

すっかりおなか一杯になって我が家に向かう。

 

1 (2).jpg

 

ケーキよりもロウソクに大喜びの孫たちだ。

 

IMG_2041 (2).jpg

 

2人の時は組み合わせは1組しかないが、3人いると組み合わせは一気に増える。1対1の組み合わせが3組、1対2の組み合わせが3組、そして1対1対1という場面も生じる。合計7組のパターンが生じるのだ。一気に7倍の人間関係ができてしまう。

 

これが「3人目から社会が生まれる」という話だろう。これは、うちに3人の子(女・女・男)がいたので、実感はしていたが、それが昨夜再現したというわけで、至福のひと時であった。

 

2家族は泊まる予定だったが、急遽全員泊まることになり、12時近くまで盛り上がった。ところが朝からもうれしいらしく、5時過ぎから騒ぎ始めた。

 

IMG_9950 (2).JPG

 

寝不足をものともせず、いつもより早い朝食。

 

さて、69歳の僕はというと、明日も変わらず好きなモノづくりの仕事場へ向かえるということに感謝と喜びだ。でく工房を若い世代に上手にバトンタッチするまでは、もう少しいい仕事をしたいと願うのは強欲だろうか。

 

 

 

 

 

カテゴリ:- | 10:00 | - | - | -
文化的散策 第2回目

本日、最終的に集合したのは、東京国立近代美術館工芸館で閉館時間の17時でした。

 

DSCN7534.JPG

 

DSCN7567.JPG

 

昔のモノモノの仲間たちだ。

 

DSCN7536.JPG

 

金属製だが、まるで生きているようだ!

 

DSCN7538.JPG

 

DSCN7539.JPG

 

下は所蔵品。黒田辰秋の作品だ。

 

DSCN7552.JPG

 

DSCN7556.JPG

 

僕らの仲間の作品も展示されていた。

 

DSCN7558.JPG

 

DSCN7557.JPG

 

下は、そのお父さんの作品。生前には僕らもお世話になった。

 

DSCN7562.JPG

 

外は花見。外国人の多さに驚いた。

 

DSCN7572.JPG

 

DSCN7527.JPG

 

DSCN7531.JPG

 

上も下もミツマタの花。まさしく春爛漫の文化的散策だ。

 

DSCN7533.JPG

 

 

カテゴリ:- | 23:22 | - | - | -
「瞼を閉じれば」シリーズ 37年前のマニラとミンダナオの映像

瞼を閉じて、じっと思い出したのは、37年前のフィリッピンの旅だ。

 

DSCN7192.JPG

 

当時のマニラの交通事情だ。ジップニーが乾いた警笛(クラックション)と大音量のスピーカーからディスコミュージックを鳴らしながらすごいスピードで走っていた。

 

DSCN7191.JPG

 

DSCN7207.JPG

 

今は懐かしのトヨタのアジアカーだ!

 

DSCN7194.JPG

 

DSCN7209.JPG

 

DSCN7213.JPG

 

この上はマニラ。これからは下はミンダナオだ。

 

DSCN7262.JPG

 

DSCN7268.JPG

 

いざ珊瑚礁の島へ

 

DSCN7280 (2).JPG

 

DSCN7289.JPG

 

ぬあ〜んと、ここに木の芽が。きっと鳥が糞として運んだものだろう。

 

DSCN7290.JPG

 

こうして緑の島に変わっていくのだろう。

 

下は後輩の浜君が住むマライバライの写真

 

DSCN7292.JPG

 

DSCN7325.JPG

 

DSCN7329.JPG

 

DSCN7384.JPG

 

左端の浜君(美大の後輩)の誘いでミンダナオの山奥まで出かけた時の映像だ。

 

DSCN7385.JPG

 

帰国のためにカガヤンデオロ向かうバス。これに乗って確か4~5時間?

 

DSCN7398.JPG

 

持ち帰ったお土産だ。

 

 

カテゴリ:- | 22:51 | - | - | -
「瞼を閉じれば」シリーズ セブの家庭料理

少し間が空きましたが、「瞼を閉じれば」セブの家庭料理を思い出す。

 

DSCN0022.JPG

 

DSCN0025.JPG

 

日立時代の友人・西林君(今は著名な在住カメラマン)が家族ぐるみで付き合っているうちのご馳走だ。

 

DSCN0028.JPG

 

ここのマダムは貝殻ショップの経営者だ。

 

DSCN0032.JPG

 

DSCN0033.JPG

 

DSCN0034.JPG

 

カテゴリ:- | 23:12 | - | - | -
平野甲賀と晶文社展

DSCN7109.JPG

 

久しぶりに銀座に出かけた。

 

DSCN7107 (2).JPG

 

DSCN7108.JPG

 

DSCN7111.JPG

 

DSCN7110.JPG

 

DSCN7149.JPG

 

DSCN7150.JPG

 

会場は7丁目である。本日が最終日。

http://www.dnp.co.jp/CGI/gallery/schedule/detail.cgi?l=1&t=2&seq=00000710

 

DSCN7114.JPG

 

DSCN7121.JPG

 

ぬあ~ンと、僕の昔の本(1988年刊)が地階展示場のセンター台のセンターに!

 

DSCN7116.JPG

 

下の絵(?)は僕が描いたメモのようなもの。平野さんがこれを採用してくださった。

 

DSCN7117.JPG

 

本日初対面の平野甲賀さんにサインをお願いした。

 

DSCN7123.JPG

 

DSCN7127.JPG

 

DSCN7148 (2).JPG

 

文字デザインの神様の肉筆文字だ。うちの家宝だ。

 

DSCN7130.JPG

 

左はこの展示会のことを紹介してくれた吉田いづみさん。平野さんは今は彼女の小豆島の実家のすぐ近くに住んでいる。

 

平野さんと各界の有名クリエーターとのトークショウも大変面白く、3時間があっという間だった。

 

DSCN7137.JPG

 

DSCN7141.JPG

 

下の晶文社のマークも平野さんの作品だ。

 

DSCN7139.JPG

 

ちょっと悔しいが、やはり銀座はニッポンの文化の中心地なのかな〜?

 

 

 

 

カテゴリ:- | 00:28 | - | - | -
ケアテックス2018

ケアテックは本日で終了しました。今年もビックサイトに出向きました。

 

DSCN7092.JPG

 

招待券を送ってくれた会社のブースです。とてもスマートですね。余談ですが、招待券がないと入場場が5000円かかります。

 

DSCN7089.JPG

 

いわゆる福祉用具以外の出展も多く、とても参考になりました。

 

下は新しい布を販売する会社です。サンプル的に1メートルだけ注文しました。

 

DSCN7093.JPG

 

ソースやケチャップ、そして醤油のなどもこぼすが、見事にウエットテッシュでひと吹き。

 

DSCN7094.JPG

 

HCRと比べると、人は少ないが、関連事業者の交流会でもあります。これが本来の見本市なのでしょうね。

 

 

 

 

 

 

カテゴリ:- | 22:38 | - | - | -
補装具の「借受け」について考える

昨日の話の続きになるが、そもそも「借受け」とは何だろうか?

 

まずは、どうでもいいことだが、本来は「借り受け」とおくり仮名を入れるか、さもなくば、おくりを外し「借受」がおさまりがいいと思う。「受け付け」とするか「受付」であろう。「受付け」はちょっとヘンな感じがするのは、僕だけだろうか。

 

スタート時にはたしか「補装具の貸与(レンタル)制度の検討」といわれていたようだが、介護保険による福祉用具貸与(レンタル)と紛らわしいから、この名称になったと思う。

 

昨年、この新しい制度についてのアウトラインの説明を受け、僕は「補装具のお試し制度」としたらよいのでは、と提案したこともあったが、ま、名称はどうでもいい。

 

秋山専門官が提示した資料によると、その「借り受けの基本的な考え方」に明示されている。

 

1 (2).jpg

 

概要は、以下の通り。

 

補装具費の支給については「購入」を基本とする原則は維持した上で、障害者の利便に照らして「借受け」が適切と考えられる場合に限り、新たに補装具費の支給の対象とする。

 

そして、種目と基準は表の通り。

 

2 (2).jpg

 

3 (2).jpg

 

3 (3).jpg

 

その基準によると、歩行器四輪型は月額990円と定められているが、介護保険による貸与(レンタル)は、厚生労働省が取りまとめたものでは平均額は2898円(平成28年)と大きく隔たる。ちなみに自己負担額99円を事業者は毎月請求し徴収することができるのだろうか?

 

事業者にとって実行の可能性が高いと考えられる座位保持装置(意思伝達装置は扱った事がないのでわからない)で試算してみる。

 

完成用部品として登録されている海外製品で構成してみると、合計約45万円。座位保持装置の耐用年数は3年なので、その3分の2ということなので24カ月。ひと月当たり18750円を頂ける(うち利用者負担は1割=1875円)ことになる。

 

実際に、この内容の依頼があった場合、何カ月利用していただけるかわからないが、事前の相談に出かけ、そこで機種が選定されたとしても、一度は現物に坐ってもらいサイズなどを決める。その後、貸し出し開始となる。そして何か月か後に引き取りに出向くことになる。

 

このプロセスを取るなら、3回は出向くことになる。機種もサイズも決まっていたとしても、2回は出向く必要がある。

 

出向く時間を仮に片道1時間としても、一回の移動時間2時間と対応時間1時間はかかるので、合計(最低でも)6時間。この間、調整などで呼び出しがなかったとしての話である。

 

仮に、仮合わせ前の試用として3カ月間利用していただくとなると、ひと月当たり18750円なので56250円。輸入元から我々事業者がいくらで借り受けられるかわからないが、その額を差し引き、一人のスタッフの人件費と経費を捻出できるだろうか?もちろん事業なので利益も必要。

 

利用者の側から見ると、仮に20ヵ月間利用するとなると、1875円×20ヶ月=37500円 の負担となる。購入の場合は上限額が37200円と定められているので、20ヵ月を超えると合計金額は増えてしまう。

 

当初は子どもの電動車椅子なども対象となっていたので、あの子にも使ってもらえればと顔が浮かんでいたが、結局は対象外となった。また、身障手帳をまだ持っていない子にも早急に対応できるようにとか、いう話もあったが、蓋を開けてみるとそれも消えていた。この新しい試みに、僕は夢を描くことができない。誰が喜ぶのだろう。実現の可能性が低い制度設計となってしまったようだ。ああ気分はバリアフル?

 

5W1H.jpg

 

僕の貧困な頭で邪推するには、政府は、ゆくゆくは国民皆介護保険化を狙っているように思う。介護保険の先行きが危ぶまれる中、医療保険と同じように20歳以上(現在は40歳以上)を被保険者とすると当然だが収入は増える。もちろん、保険なので保険料に対応する保証が求められるので、そのための一歩が今回の「補装具の借受け」制度なのかもしれない。

 

もちろん、その時は「介護保険」という言葉はふさわしくないので「福祉保険」ということになるのだろうか?福祉は教育や国防と並んで国家の重要な仕事である。そうなると税金でという話になるのだろうか?

 

 

カテゴリ:- | 14:32 | - | - | -
補装具の借受け制度

この4月から「補装具の借受け」制度がスタートしますが、それに先立ち厚生労働省の障害福祉専門官の秋山さんが説明してくれました。

 

主催は僕らが作った「一般社団法人 日本車椅子シーティング協会」。開催時間間際に行ったら、ほぼ満席。

 

DSCN7033.JPG

 

約1時間、丁寧に説明。事前に出されていた質問にもキチンと答えていただいた。しかし、20世紀から「必要な人に必要な用具をタイムリーに!」ということを願っていた僕は、この説明を聞いて大変失望。たぶん誰も喜んで対応する事業者はいないのではないだろうかと思った。当初の話からは、大きな隔たりを感じた。

 

この後、専門官は予定があったのか退席。

 

そのあと集まった会員によるフリーディスカッション。現場で苦闘している事業者の貴重な意見が展開されるが、この時点では専門官には届いていない。

 

有志6名で反省会と称して杯を傾け、本音を確認。若い仲間から新しい提案がたくさん飛び出した。このあたりを我が協会が本気で受け止めてくれることを切に願う。

 

 

 

 

 

 

カテゴリ:- | 21:51 | - | - | -
優良企業表彰式

弊社(でく工房)は本日、東京信用金庫協会などから「優良企業表彰」を受けました。

 

DSCN7019.JPG

 

DSCN7018.JPG

 

DSCN7021.JPG

 

DSCN7023.JPG

 

そのあとで、国立近代美術館に久々に出向きました。本日(金)は20時までやっています。

 

おめあては「熊谷守一 生きるよろこび」展です。

http://kumagai2017.exhn.jp/

 

内容は素晴らしい!展示のボリュームは圧巻です。生き方が(たぶん)少し変わるでしょう。

 

DSCN7030.JPG

 

3月21日までですよ!

 

DSCN7031.JPG

 

 

カテゴリ:- | 23:59 | - | - | -
3人のレジェンド

Legendは、「伝説、言い伝え、地図や図表などの凡例」というのが、日本人にはよく知られる英単語のlegendの意味で、このlegendには伝説的(神話)人物と言う意味合いも含まれている。

 

近年英語圏では尊敬する人物や賞賛に値する人物に対してこの表現が用いられ、「He is a legend!」で「彼は最高だ!」という意味で使われるらしい。

 

ソチ五輪が始まる前から、男子ジャンプの葛西選手は海外のマスコミから「レジェンド」という言われ方をされていたようで、それで多くのニッポン人もこの言葉の使い方を知るようになった。

 

イチロー.jpg

 

このほど古巣に復帰することが決まった「イチロー」こと鈴木一朗は、44歳。

 

カズ.jpg

 

「キング・カズ」こと三浦知良(カズヨシ)は、51歳。二人とも現役選手として若い人と一緒に素晴らしいプレーを続けている。

 

二人ともとても立派だと思うが、僕よりはずいぶん若いし、あれだけの恵まれた身体能力を持ち、しかもコンディションを最高に保つために日々の努力を怠らないようなので、「ま、その結果だよね〜」と余裕をもって理解できる。

 

そこで、御年85歳の三浦雄一郎。

 

三浦雄一郎.jpg

 

2013年に80歳でエベレスト最年長登頂者になって今のところその記録は破られていない。もはやレジェンドというよりバケモノだろう。僕はもちろん彼のようなことはできないが、前向きな気持ちは持ち続けたい。僕の前を歩き続けている方で、これからも注目したい。

 

さてこうやって3人を並べて気が付いたのは、三浦雄一郎は前者の二人の名前を併せ持った方であることに気付く。

 

いつか、鼎談でもやってくれないだろうか。

 

 

カテゴリ:- | 10:54 | - | - | -
<< | 2/213PAGES | >>