富士・富士宮地区の勉強会

毎年、湖山リハビリテーション病院で奇数月に開催されてきた勉強会も昨夜で一区切り。いつもながら串田さんの準備がよく、直前に30分ほど打ち合わせすれば、うまくいくようになっています。

 

この日は、事例検討と大渕先生から教わった呼吸のおさらい。

 

1.jpg

 

2.jpg

 

FASTとは認知症の程度を表すものであるが、今、僕はステージ2から3への移行期だと自己判断。金銭管理についてだけに絞るとステージ4に差し掛かっている。

 

3.jpg

 

前回、串田さんと担当のセラピストとともに検討し対応した事例です。

 

4.jpg

 

6人一組に分かれたグループ討議のテーマは以下のようなものでした。

 

3-1.jpg

 

20分後に代表者が板書。

 

5.jpg

 

下をご覧ください。このような内容がわずか20分で確認されたのです。

 

7.jpg

 

そして各チームの代表者(板書した方とは限らない)が発表。みんな素晴らしい!

 

6.jpg

 

8.jpg

 

上は、串田さんが描いたもので、僕らが対応した事例の before/after の概念図です。これも実に的確。

 

この後、呼吸のメカニズムをたくさんの図を使って串田さんが解説。これについては割愛。

 

6時半から始まった2時間の勉強会〆の挨拶だが、串田さん曰く「今回の発表は、仕事が終わって何年もこの勉強会に参加していただいた成果です。2枚の写真とわずかな情報だけで、ここまで的確に問題点をとらへ、しかも解決案まで出していただきました。本日の参加者はほとんどが介護職の方でしたが、このレベルなら、フツーの療法士は太刀打ちできないのじゃないかと思います。皆さんの力でシーティングの底上げが必ずできます!」。

 

今回、僕も確かな成果を実感しました。ずっと続けてよかったと思いました。勉強会を重ねることによって「誰もが実行できるシーティング技術」が普及ができるはずと考えていましたが、これが可能ということがよくわかりました。もちろん、一日の仕事を終えて、ここまで通ってくるということ自体、既に選ばれた人ではあるのですが、自分が担当している方の車椅子の姿勢を何とかしたいというモチベーションがあってこそなのでしょうが…。次年度の継続を期待しています。串田さんご苦労様でした。またよろしく!

 

 

 

カテゴリ:- | 16:12 | - | - | -
本日から17日まで「ケアテックス」

開会の朝一番(10時)から60分の講演でしたが、多くの方にお出まし頂き、ご清聴を頂いたことに感謝です。

 

DSCN0331.jpg

 

ランダルコーポレーションのブースで3回「モデラート」説明。

 

DSCN0350.jpg

 

今年も素敵な人や企業と出会うことができました。明日からは先に入っていた仕事があり出向くわけには行けません。

 

また、もし見学したいと思っても、この企画はHCRと異なり、事業者・関係者しか入場できません。ご了承お願いします。

 

下は「ケアテック2017」が開催されているビッグサイトの入り口の様子です。もちろん暗くならないと見られないものなんでしょうね。大学生たちの作品です。

 

DSCN0362.jpg

 

DSCN0366.jpg

 

 

 

 

 

 

カテゴリ:- | 22:27 | - | - | -
18時間飲み続ける佐世保のバカ人

3月11日(土・東北被災の日)に久しぶり(といっても1月14日以来ですが)の、(不遜な)佐世保バカ人会でした。

 

夕方6時集合で、6時20分から2時間飲み放題。

 

DSCN0245.jpg

 

飲み終えて記念撮影。

 

DSCN0249.jpg

 

その後、カラオケで放歌高吟。

 

DSCN0256 (2).jpg

 

DSCN0261.jpg

 

我が家で23時半から翌日4時半まで飲み続けた。おかげで目が覚めたのは10時半。そこからあわてて両国駅へ向かう。

 

DSCN0264.jpg

 

12時(正午)10分頃、両国駅に集合し、ちゃんこ鍋で飲む。

 

DSCN0266.jpg

 

どういうわけか、見知らぬ女性も一緒。

 

実は僕ら佐世保のバカたちが、佐世保弁ですいたごと喋って歩いていたら、前を歩く女性が何度も振り返った。

 

普段はシャイなおじさんたちもアルコールが助けてくれて、(たぶん)小さな声で「佐世保の人やなかとですか?」と尋ねたら、「主人が村上龍と同じ年(?)の佐世保ですとよ。ウチは諫早ですけど〜」と。

 

おじさん4人はたまげたとですよ。そいでですね、記念撮影と相成った次第とです。そいから、僕が以前から企画していた、かの有名な相撲神社詣です。

 

DSCN0268.jpg

 

僕は雲竜型、川原(中央)は不知火型を披露(疲労かな)。

 

DSCN0272.jpg

 

その後、近くに住む次女のうちになだれ込む。そこには(ヌア〜ント)カミさんとと長女一家も。そこを嵐のように通り抜け、次は川原の憧れ(蔵前ではない)両国国技館へ向かう。

 

DSCN0274.jpg

 

頭の上はスカイツリーばい。

 

DSCN0276.jpg

 

ここでおじさん(お爺さん?)物語は完結!(かな〜)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリ:- | 23:07 | - | - | -
友人は人間国宝

本日(3月11日)の朝日新聞の土曜版(be)のトップページ「フロントランナー」に、わが友(!)須田賢司の仕事姿が半ページ、しかも総天然色で登場していた。

 

170311 asahi.jpg

 

三代(110年)続く指物師で、2014年に人間国宝に認定されている。そのお祝いの席にも参上したが、正しくは「重要無形文化材【木工芸】保持者」というらしい。

 

下のモノクロのページは3面だが、彼の仕事に取り組む姿勢がよくあらわされている。そこには僕らとの出会いのころの話も出ていて、一瞬で40年前の情景や会話が思い出された。僕らは同時代人として、このような人物と人生のわずかな期間であったが、肩を並べ席を共にできたことを、とても誇りに感じている。40年ほど前という時代こそが、今の我々の生き方を決定づけたことは間違いない。

 

http://www.asahi.com/be/frontrunner/

 

もっと詳しく知りたい方は、残部があるかわかりませんが、コンビニへ走り朝日新聞の朝刊を求めてください。新聞配達店には必ず在庫があるでしょう。

 

カテゴリ:- | 15:39 | - | - | -
街で見かけたもの

 

DSCN0184.jpg

 

確かにね。

 

DSCN8158.jpg

 

困ったもんだぜ、ベイビ〜!

 

DSCN8159.jpg

 

安心したぜ!

カテゴリ:- | 12:52 | - | - | -
秋岡芳夫と考える 中座の暮らし

本日、新宿オゾン5Fにある「にっぽんフォルム」でトークショウでした。僕の恩師(柳先生と秋岡さん)の一人について語るというワクワクドキドキのイベントでした。

 

DSCN0185.JPG

 

このお店の入り口には、ぬあ〜ント、僕をスウェーデンに招いてくれた人の作品が。

 

DSCN0186.JPG

 

DSCN0187.JPG

 

柳先生の作品(購入可能)があちこちに展示され、しかもこんな家具も。

 

DSCN0188.JPG

 

上は同年の佐々木敏光君の作品。同じ九州の出身だが、2005年に若くして亡くなった。下は新居さん国際的にも著名なニイチェア。

 

これらを見て興奮するなといわれても無理です。生前の付き合いが、映像として一気に僕の前に立ち上がってしまいました。

 

DSCN0189.JPG

 

床坐と椅子座の話をしました。

 

DSCN0193.JPG

 

DSCN0195.JPG

 

僕の「かに座」は、秋岡さんや豊口さんの影響を色濃く受けていることを語りました。お二人とも家庭の椅子をめざしています。僕もそうでしたが、一番の差異は「かに座」は畳の上で使うことを前提にしたデザインになっている点です。

 

これは、でく工房を始めた時(むしろその当時だったからこそ=フローリングの部屋は少なく畳の部屋が主流だった)から、畳の部屋で使えるデザインにしたことが、この時も色濃く残っています。また実際にこのデザインの動機になったのは、片麻痺になった父が仏間に小椅子を持ち込み、仏壇に手を合わせていたことからです。

 

DSCN0196.JPG

 

椅子デザインの権威・島崎信さんもお見えで、少し驚きました。先方は僕のことをご存じではないはずですが、僕は秋岡さんのところで、何度かお会いしましたことがありますし、著書や翻訳も読んでいます。

 

トークショウが終わって、少しお話をすることができました。トークショウの中で僕が「学生時代に学んだ椅子の人間工学は、今、思うと静的な使用を前提にしていたもので、秋岡さんやノルウェーのバランスチェアやトリップ・トラップで有名なピーター・オプスヴィックの仕事から、椅子にはもっと動的な要素からアプローチする必要があることを学んだ」という話にいたく同感され、島崎先生も「人間工学会(?)で同様な発言をしたことがある」とおっしゃりいっぺんに意気投合。

 

そして最後に、今回のタイトル「中座の暮らし」の「中座」はおかしいのでは、という指摘もありました。確かに「中座する」という言い方があり、それは途中で退席することを意味しているので、少し無理があるのでは、ということです。それで、「低座」でいいのではないかとおっしゃるのに、同感した次第でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリ:- | 20:40 | - | - | -
荒井利春実験工房

金沢2日目(昨日のこと)は、盟友の仕事場を訪ねた。

 

DSCN0155.JPG

 

その日は頚髄損傷者が4名集まって、今、開発中の用具を試すという日であった。でく工房時代に食器の開発を一緒にやったときから一貫しているデザインの方法論だが、モニターになっていただける方に試しながら、改良を加えるというやり方だ。

 

文字通りユーザーの声を聴きながら、というスタイルだ。このスタイルがかなり洗練されていることもわかった。

 

DSCN0153.JPG

 

休憩時間を利用して記念撮影。同行した野間君や荒井の奥さんも一緒だ。美大の現役学生も参加している。

 

 

カテゴリ:- | 14:43 | - | - | -
美大卒後45周年の集い

DSCN0088.JPG

 

柳先生に挨拶をして会場に向かう。

 

50年へ向けての予行練習会でした。

 

DSCN0109.JPG

カテゴリ:- | 10:17 | - | - | -
レポの説明会

レポについてのお問い合わせが、全国あちこちから届いています。こちらから出向く場合は日程調整して出かけるようにしています。なんせウロウロするのが大好きな私ですから、優先的に予定を組んでいます。

 

昨日は社長と一緒に、つくば市に出向きました。予定より少し早く着きそうだったので、世界一という話を聞いていた「牛久大仏」を垣間見てきました。時間も限られていたし、雨が降り出し、門も閉まっていたので写真を撮るくらいの滞在でした。

 

DSCN0015.jpg

 

しかし、それにしてもでかい! でかすぎる!

 

この写真では、その大きさがわかりにくいが、ネットで見た奈良の大仏との比較では、奈良さんは手のひらに載るほどの小ささだ。この大きさには大変な威圧感を感じてしまった。変な話だが、巨大な邪悪さを感じた。鉄人28号やガンダムの実物モデルくらいが僕には驚くのにちょうどよい、ということが改めて認識できた。高さ120mというのは、シン・ゴジラを凌ぐ高さだ。

 

ま、それはそれだけの話で、またよく晴れた昼間に拝観し再度確認したい。

 

本来の目的のレポ説明会です。

 

DSCN0018.jpg

 

会場は幸和義肢研究所のきれいな展示室。営業関係者以外も集まってくださった。

 

DSCN0021.jpg

 

DSCN0022.jpg

 

DSCN0024.jpg

 

実物を確認していただいています。

 

DSCN0025.jpg

 

ご依頼あれば、日程調整の上、喜んで出向きます。

 

 

 

 

カテゴリ:- | 13:12 | - | - | -
今年度最後のシーティング研修会

雲母書房主催のシーティング研修会ですが、昨日東京で開催された研修会が今年度最後となりました。

 

DSCN0010.jpg

 

挨拶するのは、雲母(きらら)書房の茂木社長。

 

DSCN0014.jpg

60名近い受講者

 

1年前に企画してスタートした研修会で、6月 横浜、7月 名古屋・大阪、9月 広島・福岡、10月 札幌・旭川、1月名古屋・大阪 そして昨日久しぶりの東京、という1年かけての日本縦断スケジュールでした。

 

DSCN0011.jpg

 

著書もよく売れ、終了後はサインを求める方の長い列が(!)…。

 

次年度については、これから主催者と打ち合わせて近いうちに日程や場所も確定するでしょう。次年度もやはり基礎コースがメインとなるようですが、できればもう一つ上級者向けの実践コースも企画したいと考えています。

 

 

カテゴリ:- | 10:19 | - | - | -
<< | 2/199PAGES | >>