瞼を閉じれば(セブの思い出) その

セブで時々、こんな形のベンチを見かけました。カタチは面白いけど…。

 

ベンチ(車輪付き).jpg

 

DSC01495.jpg

 

どうして、車輪が必要なのでしょうか?移動させるには便利でしょうが…。

 

固定するにも手がかかります。モダンデザインとは対極にあるデザインですね。

 

KIMG0669.JPG

 

これが原型なのでしょうか?

 

馬車.jpg

カテゴリ:- | 16:55 | - | - | -
瞼を閉じれば(セブの思い出) その

セブ(フィリッピン)の煙草の箱には、おぞましい写真が大きく付いている。

 

DSCN6280.JPG

 

プライバシーの問題はないのだろうか?

 

P1020109.JPG

 

煙草との因果関係もキチンと証明されているのだろうか?

 

 

KIMG0836.JPG

                                     葉巻も同じ

 

これは2017年7月からのようで、あの強硬な麻薬取締で有名なドゥテルテ大統領の方針だとか。

 

ホテル、レストランなどの公共の場での喫煙が全面禁止だし、喫煙可能なのは指定された喫煙スペースのみ。違反した場合は最大懲役4ヶ月、または5,000ペソ(約1万円)の罰金が科せられる。また喫煙不可の公共の場には「No Smoking」の看板の設置が義務付けられているらしい。

 

2005年、日本ではパッケージの主な2面の30%以上に決められた警告文を書くことが法律で決められている。それまでは「吸い過ぎに注意しましょう」といった文句が書かれているだけだったので、厳しくはなっているのだが…。

 

例えば以下のようです。

 

「喫煙は、あなたにとって肺がんの原因の一つとなります。疫学的な推計によると、喫煙者は肺がんにより死亡する危険性が非喫煙者に比べて約2倍から4倍高くなります。」

 

「喫煙は、あなたにとって肺がんの原因の一つとなり、心筋梗塞・脳卒中の危険性や肺気腫を悪化させる危険性を高めます。」

 

「妊娠中の喫煙は、胎児の発育障害や早産の原因の一つとなります。たばこの煙は、あなたの周りの人、特に乳幼児、子供、お年寄りなどの健康に悪影響を及ぼします。喫煙の際には、周りの人の迷惑にならないように注意しましょう。」

 

フィリピンでは、ドゥテルテ政権の強権的な麻薬犯罪対策を支持する人が多い。マニラで密売人が警察に射殺された後、近所に住む女性(35)は「ドゥテルテの麻薬対策に賛成だ。麻薬売人がいなくなり、ずっと安全になった」言った。 

 

ドゥテルテが麻薬対策に注力し始めたのは80年代から20年以上務めたダバオ市長時代だそうだ。

 

街をパトロールすると「タタイ(お父さん)」と呼ばれた。この強権的なダバオ式政治を全国に広げ、強い大統領としての人気を確実にする手段の一つが麻薬戦争だったとみる人もいる。 

 

ちなみに昨年9月の民間調査では、ドゥテルテをとても信頼すると答えたのは74%。就任当初からわずかに下がったもののいまだ高い。

カテゴリ:- | 22:29 | - | - | -
岡山の研修会

本日(3月9日)朝5時半に自宅を出て、岡山に向かいました。

 

富士山が数日前に降った雪をかぶり、とてもきれいでした。

 

P1020089.JPG

 

この講座は、シーティングの前に、バリアフリーの解説が入ります。

 

P1020103.JPG

 

時々、各テーブルごとに話し合ってもらいます。

 

P1020105.JPG

 

本日も16時に無事終了。

 

朝、岡山駅から会場まで歩いていたら、なんか変な気配を感じたので、お店の中を覗き、驚きました。その「びっくりしたな〜も」が、帰りには店の前に立っていました。制服屋さんです。インパクトがあったな〜!

 

P1020108.JPG

カテゴリ:- | 19:00 | - | - | -
長谷川 武雄 仕事展

本日(3月5日)から9日(土)まで、諫早時代の友人の個展が開催されています。45年の仕事ぶりが伺える展示・即売会です。

 

http://hasegawa-craft.jp/index.html/

 

僕が初めて彼と会ったのは僕が東京を離れた1983年、諫早です。35年以上の付き合いだというわけです。20年前に僕が参議院選挙に出た時に、彼に後援会会長をお願いしたこともありました。

 

P1130994.JPG

 

長谷川さんもこの仕事を始めて45年ということですから、僕が「でく工房」をスタートした年と同じということに今気付き、やや驚いています。

 

P1140002.JPG

 

孫ができたことで、その母親(つまり娘さん)と共同で企画した「すくい易い食器」です。これまで見たことのないカタチです。

 

P1140004.JPG

 

会場は、ジャローナ(港区赤坂2-6-22)です。12:00〜19:00 ☎ 03-3587-6810

http://www.jalona.jp/info/20190304231811/

 

P1140008.JPG

 

P1140007.JPG

 

 

 

 

カテゴリ:- | 18:28 | - | - | -
瞼を閉じれば(セブの思い出) その

KIMG0704.JPG

 

すんましぇん! 縦にし~きらんでした。横になってみてください。

 

KIMG0656.JPG

 

朝起きたら、こんなのが!見たことのない光景です。

 

KIMG0655.JPG

 

下は、西林氏(プロカメラマン)撮影で、まだ落花する前の状態。夜明けとともに落下する不思議。

 

DSC01753.jpg

 

DSC01750.jpg

 

下はウィキペデアからの引用です。

 

ネムノキ属は主として熱帯150種ほどが分布するが、その中でネムノキは飛び抜けて耐寒性が強く高緯度まで分布する。温帯で広く栽培され、一部で野生化している。

 

和名のネム、ネブは、夜になると葉が閉じること(就眠運動)に由来する。漢字名の「合歓木」は、中国においてネムノキが夫婦円満の象徴とされていることから付けられたものである。

 

ネムノキの就眠運動は、葉の付け根の膨らんだ部分(葉枕)の内部圧力を変化させる仕組みにより葉を開閉する。周囲が暗くなると葉を閉じるが、光を当て続ける実験を行ったところ、体内時計による概日リズムに従って就眠することが判明している

 

 

 

 

カテゴリ:- | 22:06 | - | - | -
瞼を閉じれば(セブの思い出) その

ヤシの木は熱帯では、どこでも見られるものです。

 

KIMG0594.JPG

 

これは様々な利用価値があるようです。まずは、そのままジュースです。さっぱりした甘さは、なかなかです。

 

KIMG0482.JPG

 

そして、その殻の内側に白く張り付いているのがココナツです。これも様々に加工され活用されています。ココナツミルクもおいしいし、ココナツオイルは特定の料理には欠かせないオイルです。

 

また、殻は器やお玉にも変身していますし、その外側は乾燥したら燃料になります。また、幹は建材になります。

 

KIMG0607.JPG

 

そして、お酒になり、さらにおいしい酢にもなります。

 

KIMG0608.JPG

 

KIMG0611.JPG

 

これがヤシの花(?)でしょうね。

 

採取者.jpg

 

 

以下はネットで検索したものをまとめたものです。

 

熱帯地域では資源植物として重要であり、古来より多くの種がさまざまな方法で利用されている。最も有名なのはココヤシで、ヤシ油をとって食用や石鹸に利用し、果実の中心にある透明な液を飲料としたりする。また、アブラヤシの実からはパーム油を採取したり、そのほかの種でも食用、デンプンや砂糖の採取、タバコ代わりの嗜好品、条虫駆除薬、繊維利用、屋根葺きの材料など利用法は多岐にわたる。また、ヤシ科植物は鑑賞用の植物としてなくてはならないものとなっていて、庭園樹や室内観葉植物として利用されているものもたくさんある。

 

ヤシ酒とは、ヤシから採れる液体 を醗酵させて作った、醸造酒の総称である。この醸造酒のヤシ酒は、パームワイン(Palm wine)とも呼ばれる。フィリピンでは「tuba」と呼ばれている。

 

この液体は、採取後まもなく、空気中に浮遊している酵母によって醗酵が始まる。これだけ醗酵開始が早いのは、しばしば液体の採取に用いた容器に付着した酵母がいるためだともされる。

 

無論、液体に酵母がそのまま利用できる糖分が含まれているから、つまり、醸造に際して糖化が不要だからでもある。

これをさらに醗酵させて醸造酒とするのではなく、ここで酢酸醗酵させてしまうこともある。これは、そのような酸味のある飲料を好む者も存在するためである。

 

この液体を集めるのに使用される場所として、主にヤシのが選択される。つまり、ヤシの花を刈り取って、その場所に容器を固定することで、そこから染み出してくる、白色の糖分を含んだ液体を採取するのである。なお、時々切断箇所を焼き、この液体の採取を容易にするといったことも行われる。また、ヤシの種類によっては、その茎 の部分を傷つけることによって、この液体を採取する場合もある。

 

カテゴリ:- | 23:23 | - | - | -
セブの思い出(瞼を閉じれば) その

セブで不可欠なのは、トライシクル(バイクにサイドカーを取り付けた簡易タクシー)とバンカーボートです。

 

バンカーボートとは、船の両サイドに腕を出して安定をはかるもの(アウトリガー)を付けた小舟です。フェリーが運航できなくてもバンカーボートはチャターできます。実に安定しています。横揺れ(ローリング)が少ないので、船酔いする人もほとんどいません。

 

KIMG0500.JPG

 

バンカーボートは珊瑚礁の浅瀬をいく小舟です。ワッチャー(見張り)が必要です。ちょっと間違うと、すぐに座礁します。

 

KIMG0629.JPG

 

お兄ちゃんのバランス感覚は、いつ見ても素晴らしい!

 

img_0.jpg

 

KIMG0715.JPG

 

バランスをとるために船長の命令を受け、少年はここに1時間以上立ちっぱなしです。こうやって男は鍛えられるのでしょう。

 

KIMG0729.JPG

 

KIMG0732 (2).JPG

 

KIMG0800.JPG

 

問題は、港に着岸するときです。アメンボウのように手が横に伸びていますので、人工的に作られた波止場につくのが苦手なようです。たぶん広々とした砂浜に着くように作られたものですから、狭い港では混乱しますね。

 

KIMG0769.JPG

 

修理中のやや大型のバンカーボートです。

 

 

カテゴリ:- | 20:13 | - | - | -
セブの思い出(瞼を閉じれば) その

今回の最初の目的地のバンタヤン島に向かうが、フェリーが台風(?)のために昨日から出航停止だった。そこでバンカーボートをチャター。

 

海はやや荒れるが、我らのバンカーボートは元気に波を超える。

 

KIMG0495.JPG

 

フィリッピンの人は、昔の日本人のように米が大好きだ。

 

上陸したバンタヤン島の米屋さん。

 

KIMG0532.JPG

 

値段は1キロ50ペソ位、日本円だと約120円。5キロだと600円。コメの価格は日本の1/3以下だ。これは離島料金である。

 

タイ米と日本の米の間のような米で、決してまずくない。特にガーリックライスはお勧めである。

 

 

カテゴリ:- | 22:56 | - | - | -
下北沢ブラブラ

久しぶりにのんびりとした日曜日だった。

 

下北沢は古着屋の街になったようだが、あちこちにユニークな小さな店が並んでいる。

 

P1130881.JPG

 

ふたりの男の孫のために2皿購入。1割引きだった。クォリティーが高い。日本製だ。これは買い得だ!

 

下は古道具屋さん。

 

P1130914.JPG

 

P1130910.JPG

 

P1130911.JPG

 

P1130882.JPG

 

この時期、このようなイベントのせいかカレー屋の前に行列だ。

 

P1130889.JPG

 

P1130923.JPG

 

中でもここが一番の行列店だった。「シモキタ荘」といっても、アパートではなくカレー屋さんだ。

 

P1130924.JPG

 

ラーメン屋ではこの店かな?

 

P1130897.JPG

 

P1130919.JPG

 

これは、開場を待つ正しい(?)行列だ。

 

看板も素敵だ!

 

P1130887.JPG

 

ここは閉まっていたが、お店ではなく工房のような感じだった。

 

P1130893.JPG

 

P1130895.JPG

 

P1130928.JPG

 

古本屋に寄ったころ、1000万歩になったので、帰宅。

 

P1130917.JPG

 

 

カテゴリ:- | 18:08 | - | - | -
セブの思い出(瞼を閉じれば) その

外では犬や猫もたくさん見かけるが、何といっても思い出すのは、子どもの数の多さだ。セブ北端の町から船で渡ったバンタヤン島の子どもたちだ。

 

KIMG0504.JPG

 

DSC01253.jpg

  

上下の写真 撮影;西林洋氏

 

DSC01527.jpg

 

KIMG0519.JPG

 

ボールひとつもなく走り回って遊んでいた。夕方、浜辺で暗くなる前まで賑わっていた。

 

KIMG0518.jpg

 

僕ら団塊の世代が、ちょうどこんな感じで、「ビー玉」、「缶蹴り」や「馬乗り」、「Sケン」の時も、野球をやるときのような人数がすぐに集まっていた。それが昭和30年代初頭のころの話だ。

 

2013年のデータだが、フィリピン人の平均年齢(国民全員の年齢を合計しその人口で割った値)は24歳。それに対し日本人は46歳。フィリッピンは若い国だといわれるゆえんでもある。平均寿命はフィリッピンが68歳に対し、わが国は84歳だ。

 

9d0986a2.jpg

 

日本も僕らがベビー時代は、上のようなきれいな人口ピラミッドになっていた。下のグラフで一番突出しているのが僕ら世代で、特に1949(昭和24)年が、空前(たぶん)絶後の数の赤ん坊が生まれた。

 

僕ら世代から上を見れば、当然のことだが、ピラミッドの形がそのまま残っていることに今あらためて気づいた。僕らが老いていくように、この国も老いていっているのだろうか?

 

c6e9d2ea.jpg

 

 

カテゴリ:- | 16:44 | - | - | -
<< | 2/223PAGES | >>