年の初めに

新年に子どもたちが孫連れて泊りがけでやってきた。

 

例年ことだが、遺言書といっても財産のない僕だから、通常のモノとは違うと思うが、「終末から墓場まで」という文書の内容とその収納場所を改めて知らせておいた。

 

カミさんも含め皆、「去年も聞いた」というが「これは正月の恒例だから…」ということで、めでたい気分の中で伝えることにしている。

 

死んだ後の話(これは極めて簡単なことで特別な判断はいらない内容になっている)は、ともかく、まず生きている時、特に意識が怪しい(つまり認知機能が低下した)状態の時の医療機関への対応方法を簡単に明記したものである。

 

たまたまネットで、以下の記事が目に入った。まさしく我が意を得たり、という内容だった。出版されたら、すぐに読んでみよう。

 

ヨミドクター「こころ元気塾」;https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20150604-OYTEW52562/

『欧米に寝たきり老人はいない―自分で決める人生最後の医療』(中央公論新社、税抜き1400円)を6月10日に出版する内科医、宮本顕二・礼子夫妻に話を聞いた。(ヨミドクター編集長・岩永直子)

 

(その中に以下のような話が)

 

礼子「スウェーデンが初めての海外視察だったのですが、

食べなくなった高齢者に点滴も経管栄養もしないで、

食べるだけ飲めるだけで看取(みと) るということが衝撃的でしたね。

脱水、低栄養になっても患者は苦しまない。

かえって楽に死ねるとわかり、夫と私の常識はひっくり返ったのです。

そして施設入所者は、住んでいるところで看取られるということも、

日本の常識とは違うので驚きました。

視察先の医師も、自分の父親が肺がんで亡くなった時に、

亡くなる数日前まで普通に話をしていて、

食べるだけ、飲めるだけで穏やかに逝ったと言っていました」

 

顕二「日本では、高齢で飲み込む力が衰えた人は、口内の細菌や食べ物が肺に入って起きる『誤嚥

( ごえん ) 性肺炎』を繰り返して亡くなることが多いです。誤嚥性肺炎の論文もほとんど日本人の研究者が書いているのです。当時も今も誤嚥性肺炎対策が高齢者医療の重要なテーマです。この誤嚥性肺炎について、スウェーデンで尋ねたら、『何それ?』ときょとんとされたのが衝撃でした。スウェーデンでは、誤嚥性肺炎を繰り返すような悪い状態になる前に亡くなっているので、あまり問題にならないのです。延命処置で病気を作って、かえって患者を苦しめている日本の現状を強く認識しました」

(中略)

「延命処置をしないというと勘違いされるのですが、何もしないわけじゃない。延命処置はしなくても、緩和医療には手を尽くす。延命処置をする時間があったら、緩和医療に時間や人を割こうというのが、海外視察を通じて学んだことです」

 

これが、我が(?)スウェーデンで二人の医師が受けたのショックである。

 

余談だが、この書名に似た「寝たきり老人のいる国いない国」大熊由紀子著(1990年 ぶどう社)は、僕がスウェーデンで体験してきた話を著者が確認に行くという流れでスウェーデンの福祉が語られ、日本の多くの関係者に大きなショックを与えた名著です。この本の後ろの方に僕も少し登場しています。

カテゴリ:- | 10:22 | - | - | -
映画 「こんな夜中にバナナかよ 愛しき実話」

昨年の夏に噂話の域を超え製作者がその写真を見せてくれたし、年賀状にもそのことが記載されていたので、昨日、映画館に足を運びました。

 

「こんな夜中にバナナかよ 愛しき実話」

 

1.jpg

 

5.jpg

 

 

この筋ジスの主人公・鹿野靖明さんとは(たぶん)お会いしたことはありませんでしたが、知人の北海道の小山内美智子さんを通して名前はよく知っていました。

 

彼女も出演していました。

 

僕らの仲間の「車いす工房 輪」http://koborin.com/ が、主人公が利用する電動車椅子を復元し提供しています。この映画は、1995年頃の話ですから、今から23年ほど前で、その頃の電動車椅子と今のでは(テレビのデザインもそうですが)、ずいぶん異なります。

 

6.jpg

 

映画は周知のお涙頂戴の「障がい者モノ」とは(真逆とは言わないが)、一つ次元が違うものとして出来上がっていました。もちろん原作や監督や役者が優れていたのもありますが、実はこの主人公の強烈な個性があったからこそのことです。

 

当時(1980年台後半)、同時多発的に全国で重度者の自立生活が始まった(実は僕もその渦中にいたが=「生きるための道具づくり」1988年晶文社をご参照)のですが、鹿野さんはその立役者の一人だったことがよくわかる映画です。

 

詳しくは; 

http://www.edia.jp/watanabe/watanabe/Banana.html

 

https://www.引き寄せの扉.com/cinema-5-1092

 

 

 

カテゴリ:- | 15:00 | - | - | -
孫たちとの正月

うちには孫が三人いますが、そのうちの二人男の子が、一人は大晦日から、もう一人は元旦にやってきて、朝も早くから大騒ぎです。

 

IMG_0599.jpg

 

IMG_0597 (2).jpg

 

明日までは大賑わいです。

カテゴリ:- | 20:42 | - | - | -
謹賀新年 2019年

新年  乃用心 数災 家   

酒債は尋常行く処に有り 人生七十 古来稀なり (杜甫)  2019年1月1日

 

佐世保で共に学び(?)大いに遊んだ仲間たちと7年前に「佐世保バカ人会」を発足。

生まれ故郷が大好きで、集えば大いに飲んで佐世保弁だけで喋りっぱなし。

この快感は佐世保に帰らない限りは味わえないもの。昨年も公式(?)には5回開催。

早く去った友を嘆いていたが、今は古い仲間が増えていく。

これから何年生きるかわからないが、今後の人生では当然だが今が一番若い。

家族や周りへの無礼を恥じつつ、今やれることを今年も精一杯やってみたい。

 

昨年の僕の主な出来事   ※相変わらず研修会などで毎月全国各地をウロウロ。

1/23〜31リタイヤした友人が住むセブ島で英気を養う2/22衆議員議員会館で問題提起3/9信用金庫協会の優良企業表彰で「でく工房」が特別奨励賞受賞4/14〜15キッズフェスタ出展(モジュール型座位保持装置「プリモ」発表)4/19〜21バリアフリー展(大阪)4/30孫二人とその家族らを引き連れ大山(1252m)へ5/3親友上京 東京湾ビール飲み放題クルーズ6/9高校の恩師・長嶺洋先生の米寿ば祝う会(佐世保)6/2〜3シーティング技術者交流会7/1「第2回 楽しくて・ちょっとためになり・元気が出る日」を立川で開催 7/12〜13赤岳(2899m)横岳(2829m)硫黄岳(2760m)縦走8/11仙丈ヶ岳3033m10/27〜29国際福祉機器展で新型車椅子「アニマート」と高齢者用の椅子「ペルチェア」の発売開始をプレゼン10/7たぶん最後の高校同期会 参加者120名近く。物故者は判明しているだけでも45名11/10第5回子どものための福祉機器展12/8工房の「ストーブ開き」に参加者50名を超える ・・・・ 以上、僕の忘備録

 

光野有次 (でく工房勤務/3月に70歳の予定)

mitsuno@deku-kobo.com

ブログ; 光野有次の「気分はバリアフリー」 http://mitsunoy.jugem.jp

カテゴリ:- | 00:00 | - | - | -
年の瀬にて

今年も残すところあと8時間ほどとなりました。

 

一昨日に年賀状を投函し、昨日お昼前に作りかけのテラスの入り口の工事(?)が終了。もちろん(快楽の)設計図なしの仕事で、水準器だけを用い、全ては現場あわせ。

 

1.JPG

 

この上り口に下足を脱いだままにしておくと雨に濡れて、やや困っていた。屋根を付けた。段差もあったので踏み台も作った。

 

2.JPG

 

これでテラス関連の工事がなくなり、やや困っています。次は玄関周りくらいしかやる場所がない。

 

本日も暇なので、昼から冬用のタイヤに交換。そして昼からビール。さあ、2019年だ!

 

 

カテゴリ:- | 15:56 | - | - | -
事業者研修会(新潟)

昨日、15時から3時間のレンタル事業者向けの研修会でした。新潟は今年2度目でした。

 

司会は7~8年前に仙台で開催されたシーティング技術者交流会で出会った傳川さんです。

 

DSCN6245.JPG

 

どこかで見かけた方にそっくな髪型に驚きました。

 

DSCN6247 (2).JPG

 

翌日は彼の案内で市場へ。これは新潟へ来た時の定番コースです。

 

DSCN6249.JPG

 

DSCN6250.JPG

 

DSCN6251.JPG

 

DSCN6252.JPG

 

日航ホテルと右は「朱鷺メッセ」です。

 

帰りの新幹線には新潟セットです。

 

DSCN6253.JPG

 

DSCN6256.JPG

 

 

 

カテゴリ:- | 18:05 | - | - | -
佐世保ボケ人会

九州に島送りしていたボケ(右端)が返ってくるということで(普段は「佐世保バカ人会」ですが)、急遽「佐世保ボケ人会」を開催したとです。ちなみに会場は「ねぼけ」。

 

忘年会と銘打つまでもなく、ほとんど今年のことも忘れておる。

 

しかしながら(=バッテン)皆、開催時刻前には大集合。

 

DSCN6192.JPG

 

DSCN6196 (2).JPG

 

DSCN6202.JPG

 

二次会はいつものようにカラオケで、近況報告。この日は弊社社長も参加。

 

DSCN6207 (2).JPG

 

 

 

 

カテゴリ:- | 20:44 | - | - | -
他人の空に(2018年最後?)

工房の「ストーブ開き」にまさしく「飛んで 火(ストーブ)に入る 冬の虫」状態でした。

 

僕は嬉しかったですね。何も努力しないで、一気に「他人の空に」状態です。

 

DSCN6126.JPG

 

お二人とも、うまくアルコールが全身に回っていたのも良かった!

 

DSCN6127.JPG

 

親子以上によく似ています!

 

DSCN6127.JPG

 

実は、親子ですから、無理もない?(というのは嘘です!)

 

DSCN6143.JPG

 

DSCN6144.JPG

 

お二人とも沖縄出身です。正確に言うと右側のお父さんに見える方のご両親は沖縄出身で、ご当人は東京生まれ。

 

ご存知と思いますが、縄文人のⅮNAをもっとも引き継いでいるのが、アイヌ人と沖縄人ですね。 

カテゴリ:- | 21:00 | - | - | -
2018年のストーブ開き

東京もやっと寒くなりました。今年も薪ストーブを出しました。

 

DSCN6106.JPG

 

「火の用心」と「無事の越冬」を祈念して、乾杯!

 

DSCN6112.JPG

 

DSCN6113 (2).JPG

 

いつもの勉強会には車ですが、この日は電車でした。

 

DSCN6113 (3).JPG

 

工房は数年前からエアコンとガスストーブなので、薪ストーブは普段は使われていません。この夜限りのワン・ナイト・ストーブです。

 

DSCN6125.JPG

 

DSCN6129.JPG

 

DSCN6130.JPG

 

皆、思い思いに飲み食い、そして歓談。そうしているうちに燻製が完成!

 

DSCN6131.JPG

 

DSCN6132.JPG

 

後から参加した方の自己紹介。

 

DSCN6134.JPG

 

DSCN6135.JPG

 

DSCN6141.JPG

背比べです。小さいころから遊びに来ていましたが、今年から中学生。

 

DSCN6142.JPG

 

DSCN6145.JPG

 

工房の新製品のお披露目です。特別価格も設定!

 

DSCN6146.JPG

 

DSCN6147.JPG

 

 

カテゴリ:- | 01:08 | - | - | -
来年の研修会(予告)

今年も、そろそろカウントダウンの時期になってきました。

 

「来年のことを言うと鬼が笑う」なんて言葉がありましたが、来年の研修会の予告です。

 

雲母書房研修会.jpg

 

カテゴリ:- | 21:22 | - | - | -
<< | 2/221PAGES | >>