孫到来

年越し・正月1号が到来。

 

正月に履く僕の下駄を見つけ喜んでいたので、普段用の下駄を貸してやった。

 

2a8df77b.png

 

「鬼太郎」でしか知らない下駄だったようだ。

 

1.JPG

 

少し時間がかかったが、立って歩けた。

 

2.JPG

 

3.JPG

 

4.JPG

 

5.JPG

 

カテゴリ:- | 14:29 | - | - | -
モノモノで忘年会

モノモノの先輩や仲間に以下のような案内を出しました。

 

モノモノの菅村大全さんと相談し、以下のように決定しました。

タイトルは「文化的・食欲的 年忘れ ㏌ モノモノ」

自分で飲み食いする分だけを持ち寄るパーティーです。

12月28日(土)16:00〜 入場料(場所代);500円 

※菅村さんは不要といっていましたがカタチだけです。

是非、ご参加ください。

 

2.JPG

 

6.JPG

 

3.JPG

 

本人の代わりにこんな贈り物が届いていました。自作です。自宅柚子でわかりました。

 

4.JPG

 

5.JPG

 

ごちそうさまでした。

 

7.JPG

 

9.JPG

 

10.JPG

 

柳宗理先生のスツールも復刻。モノモノで来春から発売予定!

 

11.JPG

 

8.JPG

 

12.JPG

 

12-1.JPG

 

秋岡芳夫さんが健在だったころのモノモノ。

 

13.JPG

 

 

カテゴリ:- | 21:51 | - | - | -
南青山

昨日は日曜日だが、仕事の打ち合わせで南青山のこのお店に出かけました。

https://pinto-seatingdesign.com/

 

打ち合わせの後、こちらも見学。

http://www.taro-okamoto.or.jp/

 

1.JPG

 

2.JPG

 

3.JPG

 

4.JPG

 

4-1.JPG

 

玄関に入ると、この像が待っていました。全館「撮影OK!」である。

 

6.JPG

 

DSC02679.JPG

 

記念に鯉の手ぬぐいを買いました。

 

5.JPG

 

7.JPG

 

8.JPG

 

9.JPG

 

写真も凄い!

 

DSC02684.JPG

 

10.JPG

 

写真もいいのだが、このモデル(老女)の立ち姿は美しい!この腰の構えは、今ではあまり見かけられない。

 

 

カテゴリ:- | 08:37 | - | - | -
岡本太郎美術館・訪報

本日は日曜日。南青山にある仲間のショールームを訪ねた。

 

打ち合わせの後食事、その後にすぐ傍のこちらを見学。

 

1.JPG

 

2.JPG

 

3.JPG

 

4.JPG

 

4-1.JPG

 

5.JPG

 

7.JPG

 

9.JPG

 

10.JPG

 

6.JPG6.JPG6.JPG

 

 

 

 

カテゴリ:- | 19:38 | - | - | -
我が家のクリスマス会

久しぶりに孫3人(全員)が我が家に集合!

 

DSC02604.JPG

 

DSC02602.JPG

 

開ける機会がなかったシャンペン。孫娘の3歳の記念です。

 

IMG_2772.jpg

 

DSC02660.JPG

 

あっという間に組み立ててしまった!

 

DSC02664.JPG

 

DSC02677.JPG

 

 

 

 

カテゴリ:- | 21:10 | - | - | -
ストーブ開き 2019

今年も薪ストーブを出す日になりました。ストーブ開きです。工房を始めたころから続いている楽しい行事です。

 

といっても、近年エアコンになったので、薪ストーブは、この日一日だけしか使いません。ワンナイト・ストーブです。

 

15時スタートです。

 

1.JPG

 

2.JPG

 

3.JPG

 

最初の乾杯🥂です。

 

4.JPG

 

そして自己紹介。

 

5.JPG

 

5.JPG

 

僕の今年のキャッチコピーは「人畜無害の後期高齢者をめざす」でした。

 

6.JPG

 

最後に弊社社長の自己紹介とお礼のあいさつ。若いころにそっくりに育ったお嬢さん(女子美3年生)。

 

7.JPG

 

8.JPG

 

9.JPG

 

やっと出来上がったスモーク。下は半分以下になった弊社の名物おでん!

 

10.JPG

 

11.JPG

 

電動車椅子に乗るお父さんが焼いた肉をみんなに配達。よく働く息子さんです。

 

12.JPG

 

何回目になるのかわからなくなったが、乾杯の記念撮影。

 

13.JPG

 

14.JPG

 

15.JPG

 

16.JPG

 

残った方が力を合わせ、後片付けも終わり、お別れのグ=ちょき・ぱ〜! で、ホントのお開き。21時を過ぎていました。

 

17.JPG

 

 

カテゴリ:- | 00:24 | - | - | -
沖縄・初めての観光

沖縄にはこれまで何度も出向きましたが、今回は初めて仕事抜きの純然(?)たる観光でした。

 

IMG_20191207_130227[1].jpg

 

IMG_20191208_110330[1].jpg

 

IMG_20191208_154029[1].jpg

 

IMG_20191208_135445[2].jpg

 

1.jpg

 

IMG_20191208_161007[1].jpg

 

IMG_2704.jpg

 

数えてみれば(ぬあ〜んと)60年のお付き合いの(間がだいぶ抜けていましたが)この酒造です!

 

2.jpg

 

 

IMG_2708.jpg

 

そして公設市場の近くで、またまた「おいしいオリオンビール!」というわけでした。

 

 

カテゴリ:- | 21:40 | - | - | -
晩秋というのか初冬というのか?

昨夜遅くの我が家(自慢?)のテラスですが、カメラを固定して(と言っても、やや酩酊状態)撮影してみました。

 

1.JPG

 

下は、フラッシュ撮影です。

 

2.JPG

 

この下は本朝、出勤前の撮影。

 

3.JPG

 

4.JPG

 

 

カテゴリ:- | 22:36 | - | - | -
その◆〆属綿飮装置の制度ができるまでと今後の課題

今年6月、日本車椅子シーティング協会(JAWS)の総会の時に話したものです。

 

制度.JPG

 

1974年に工房の手作り木工製品から始まりました。

 

1.JPG

 

2.JPG

 

重症児施設でほとんどの入所児・者が椅子に坐って食事(鼻腔栄養も)できるようになるのが1980年代の終わりのころです。

 

3.JPG

 

スライド29.JPG

 

またしく、この1990年にケアの分野でパラダイムシフトが起こったと言えますね。福祉政策もそれまでの「隔離収容」から「地域の中でみんなと」というノーマライゼーションへと180度の転換(パラダイムシフト)。

 

1980年に始まった「全国工房連絡会議」はその名の通り、年に一度の会議(集まり)でしたが、その後すぐに機関紙をつくり、12年後に会(組織)ができました。

 

スライド31.JPG

 

それから関連団体と合併を繰り返し、いまでは「車椅子・シ−ティング」の供給団体としては、全国唯一の団体となり、厚労省の関係が密に取れるようになりました。私たち抜きで制度が変わることはなくなったし、逆に我々の分野の実態調査も行ってくれるようになりました。

 

しかし、福祉用具の取り扱いは、年齢によっていささか異なり、いわゆる「制度の壁」があるのです。

 

スライド35.JPG

 

これまでは「寝た子を起こす」ということで、みんなが力を合わせてここまで来れたのですが、そこに留まってはならない。

 

スライド48.JPG

 

子どもの成長発達に応じた用具が、タイムリーに提供できるようにしなければなりません。

 

スライド49.JPG

 

車椅子もそうですが、幼い子供に使わせると「歩く意欲をなくすことになるので、使っちゃダメ!」とか、「セラピストの敗北」なんてことが一部で公然と言われてきました。それは少しづつ是正されてきましたが、子どもの電動車椅子の普及は著しく遅れています。

 

成長発達に応じた福祉用具の提供が、その子のモチベーションを高め、その後の訓練や教育もうまくいくことが、ずいぶん以前でしたが、インスブルグ大学の研究で証明されています。

 

以下は、僕からの問題提起です。今後の課題ですね。

 

スライド50.JPG

カテゴリ:- | 10:05 | - | - | -
勉強会のスライド その

スライド1.JPG

 

土曜日に使ったスライドからセレクトしてみました。

 

スライド3.JPG

 

スライド8.JPG

 

スライド9.JPG

 

スライド11.JPG

 

「こどものための福祉機器展」は今年も11月に開催。第6回目となった。

 

スライド12.JPG

 

スライド14.JPG

 

スライド13.JPG

カテゴリ:- | 21:31 | - | - | -
<< | 2/231PAGES | >>